タバコ辞めよ

3年程前に燃焼式タバコからiQOSに、そしてgloのモニターからgloユーザになり、その後ploomtechユーザになった。

gloのユーザになって時はほぼ外での喫煙もしなくなり、今は自宅でしか吸わなくなった。

まぁ日曜日だけ出かける際にカバンにploomtechやiQOSをカバンに忍ばせる事はあるのだが、ほぼ吸うこともなくなんとかく持ち出す感じで、結局帰ってから吸う感じになっていた。

今年の年末も仕事納め後に一人忘年会をやった際、久しぶりに祇園のスナックに行ったのだが、となりのボックス席で燃焼式タバコを吸っていた。

これが、非常に臭くて副流煙で吐きそうになってしまい、タバコを吸わない人ってこんな感じなんだなぁと思ってもうこれは酷い状況だった。

まさか30年以上吸い続けた喫煙者の俺もたった3年電子タバコにしただけで、この副流煙の匂で吐きそうになるなんて思いもよらず、かなりしんどかった。

そそくさに退散するしかなく、もう喫煙は辞めるしかない

俺の辞め方は特殊なのかもしれないが、そもそも燃焼式タバコもファッション的に吸っていた。

そして、外で吸う場所も無くなり、コンビニの入り口の灰皿も撤去さて、吸う場所を探す程となり、一時はドトールを探した物だが、コーヒー代がかかるのでそれも辞めた。

そうなると、殆ど外で吸うことも無くなり自宅だけで吸うと言う状況に落ち着いた。

そして、一人忘年会で副流煙で吐きそうになった今、ploomtechだけにしようと思った。

iQOSもgloもタバコ場を加熱するので独特の匂がある。

まぁ燃焼式タバコほどでは無いが、気になる人には気になる匂だろう。

それがploomtechになるともう一つ匂わなくなって、ほぼ空気で香りのある煙をすっているだけな感じとなる。

吸う煙の元もグリセリンそのままなのでカプセルの中のフレーバーで香り付けした煙をすうだけなので副流煙の被害もほぼ皆無となっている。

これで、iQOSもgloも辞め残ったのがploomtechだけとなり、これは感覚的に薬品を吸い込んでいると言うのでいささか気分の良い物ではなく、なんか化学物質中毒になりそうで気分は優れない。

ただ、煙を吸って吐き出すと言うのはiQOSやgloの非では無く十分喫煙感があって、良くできている。

しかも化学物質の吸引なので匂を無くすのも簡単で、ニコチンのないフレーバーも出回っているので、お菓子レベルだ。

それも自宅だけなのでもう副流煙すら吐き出さない状況で、ほぼタバコをやめたと言っても過言では無い状況だ。

まぁそもそも元喫煙者が現在の喫煙者に言う事は無いが、辞めた方がなんでも良い感じになる。

職場でも喫煙しないのでタバコの時間を必要としないのでサボることもなくずっと仕事をこなすこと賀できる。

この状況でスキルを発揮していると何も言われることも無く、誰にも文句を言われない立場を維持出来る。

それでいて、人からの質問やレクチャーは一切拒否してしまえば完全に孤立して黙々と仕事をこなして金稼ぎが出来る。

まず、IT屋にいる人種とつきあう程つまらない事は無い。

だってこいつら人から教えられないと仕事出来ないヤツばかりで、全く進化してないからだ。

少なくとも自分で色々なツールを探して少しでも工数を削減する方法を見つければ良いのい馬鹿ばっかりだ。

自分のスキルが上がるつきあいはするが、削るつきあいはもうしないと決めた。

なので、人付き合いはもっぱら業界を離れた所で人脈を広げている。

非常に精神衛生上も健全な環境を構築したので、来年の五黄の寅で開花するだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました