クラークスのデザートブーツ

オーソドックスな靴メーカーで、日本ではREGALが販売しているイギリスブランドのClarks

実は世界的にはREGALよりも知られているブランドでスタンダードでシンプルなデザインの靴が多い様に思う。

今回、スエードの靴を一足欲しくて行きつけのREGAL四条寺町店にいったら担当の店員はセール中のこのClarksを案内してくれたので素直にそれにした。

ただ、靴下をくるぶしまでの短い靴下をはいていったので試し履きした際、足首がかなり痛かった。

ザックリとした単純に革を切ったデザインで、はき口は新品なので非常に堅く、革も堅いのでちょっと慣れるまでは長めの靴下をはいた方が良さそうだ。

このClarksのデザートブーツを買う前はAmazonで三千円したかしなかったかくらいの見た目は良い感じのショートブーツを買っていた。

左がそのAmazonで買った超安物の見た目はなかなかのショートブーツなんだが、まぁ靴底が薄くて裸足で歩いているみたいでビックリした。

これ全然力を入れて無くてもこれだけ曲がる靴で柔らかいのは良いのかもしれないが、道の小石を踏んでもわかってしまうほど中はスカスカでマジで見た目だけで履いていた。

しかし、もう限界で見た目にはわからないだろうが、履き心地はそんなによく無いし勿論耐久性は全く無い感じ。

数回履いたが履く度になんか虚しくなってきたので捨てる事にしたと言うか捨てた。

Clarksのデザートブーツはかなり頑丈そうでスエードの革もまんま裏側は革の表でそのまんま裏返しに作っただけの単純な作り。

馴染むまで痛そう

そして、さりげないかかとのロゴは良い感じだが、紐にタグがぶら下がっているので外すつもりだったのだが、なんと紐の一番根元に付いているので紐を全部抜かないと外せない。

まぁ2穴なので直ぐに抜けるのだが、一番上にタグが填まっているなら直ぐに外したのだが、わざわざ根元に付けているのを見て、何となく付けたまま履くことにした。

賛否あるだろうが、まぁデザインとして受け入れた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました