譜面台のクランプ破損

譜面台の一番下のクランプが破損してしまった。

この根元のクランプは3本足と一体になっているのでここだけ交換出来ず、YAMAHAに聞いてみたら譜面台の足だけで5千円超えてしまう事がわかったので却下。

5千円も出せばYAMAHAの250ALSが買える。

俺は一応バックアップ用に250ALSと303ALSも持っている。

色々な安い譜面代とか使ってきたけどこのYAMAHAの譜面台が一番良いので303ALSを使っている。

壊れたのはこの303ALSの方で、足は250ALSと共通なので差し替えれば使えるのだが、250ALSの方は自宅用で使っている時に足を踏んでしまって少し曲げてしまったのだ。

これは曲げを手で戻して見た目はなんとかなったので試しに差し替えてみたが問題無かったのでそれで解決と言う訳には行かない。

交換してしまうと自宅で使う譜面台が無くなるので、やはりここは修理するしかない。

そこで、パイプ用のクランプを探して写真のクランプでしっかりと修理は完了した。

一個75円位なので5000千円もかかる修理はお断りで正解だ。

しかし、はっきり言って断り見積だわな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました