セキュリティーソフトの共存

俺はセキュリティーソフトをダブルでインストールしている。

もちろん、通常はどれか1つで良いと思うのだが、初期バージョンから使っているKaspelskyの弱点を補う為にスパイウェア対策にMalweremyteを入れていた名残では有るのだが、今ならどちらか片方でも対策したい全てのセキュリティーは果たしてくれると思うのだが、何となくこのペアで使っている。

このペアを入れていると、例えば...例えばだが、アダルトサイトを見たとして、不要なCookieとか放り込まれたり広告の中に潜むウィルスなどが仕込まれていた場合、まず、ブラウザでそのサイト自体を開く事ができない。

更に、色々な所からダウンロードするソフトなんかも確実に仕留めてくれて、あるさいとだとKasperskyが警告を表示して、あるサイトはMalwareByteが反応したりと競合はしてない感じで得手不得手がある様に思っている。

それに、基本的にMalwareByteは協力でインストールする際にも警告してくれて、FreeMake関連のソフトをインストールする際、Kasperskyは通してしまうがMalwareByteは通してくれないと言う様に上手いこと立ち回ってくれている。

FreeMakeのMalwareは広告に潜んでいてインストールする際、最初の段階に放り込まれるMalwareがあるのだが、これを除去してクリーンな状態のプログラムだけをインストールするのに役立っている。

FreeMakeのソフトは結構好きで、Youtubeから簡単にダウンロード出来るツールが有名だが、インストーラーにMalwareが仕込んでいるのも有名で要らない部分を削除して使えるのはかなり心地良い。

と言うわけで、禁断のセキュリティーソフトダブルインストール状態だが、パフォーマンス的にも問題無いのでこの2つは相性が経験上良さそうに思う。

嫌いなセキュリティーソフトはもっぱらウィルスバスターでなんか嫌。