セルフ健康管理にオムロン機器をそろえた

血圧はこの1人用のものを数年前に買ってオムロンConnectで管理している。

この血圧計の良いところは2、3ヶ月同期しなくてもメモリーに数値を保存しているので、忘れたことに同期してもデータが切れずに済むのでものぐさな俺向きの機器になっている。

最近、オムロンConnectもアップデートして血圧日記とかの機能があるので、最近は豆に、朝晩計って送信する様に心がけている。

ただ、体重はなんか安いメーカーのEPLIANSの体重体組成計を使っている。

確か3千円程でBbluetooth接続できてアプリで管理出来るのだが、流石にメモリー機能が無いので、その場で同期しないと記録が漏れてしまうので気がついたらちゃんと同期する様にしている。

しかし、オムロンConnect1本で全部管理出来た方が利便性が高い事に納得出来来たので、体重体組成計もオムロンの製品を使う事して、どの機器が対応しているのかアプリの機器の追加で機種を確認してこれを買った。

これだとオムロンコネクトにも対応しているし、血圧と体組成計の数値と併せて健康管理出来る様になる。

これで、オムロンConnectもほぼフル機能で画面表時も血圧計だけだとブロックが3つしか表示されないのに、体組成計をつないだら一気に増えてスクロールしないと全部表示出来ない様になった。

こうなると、スマートウォッチで歩数と消費カロリーとかを計測していてこれも別アプリなんだが、オムロンコネクトみてみると、活動量計と言うのも繋がるみたいなのでチェックしてみた。

調べて見ると、この活動量計が使えるみたいで、これだと歩数や消費カロリーなんかも記録出来る様になるみたいだ。

そして、体温計もオムロンコネクトに対応しているものが有るみたいで、これで一式オムロンコネクトをフルに使える様になるみたいだ。

パルスオキシメーターとかもあるんだが、チェックして見ると医療関係者かどうか確認する画面が出てきたりするのだが、ちょっと高いな。

まぁ冬のボーナスで入手して見ようとは思っているが、今すぐは良いだろう。

これで、血圧、体重体組成、活動量、体温と一通り記録しているとなんか色々と目安になって良い。

仕事に行くとき毎日8千歩も歩いているのだが、これがなかなか痩せるのにつながらない。

毎日8千歩、ちょっと寄り道すると1万歩は直ぐに行くのだが、こんだけ歩いているのに前々痩せずに少しずつ体重が増えているのが気になったのが切っ掛けなんだが、最短目標で体重90キロオーバーなので、まずは90キロを切るのを目標にしているので大体92~94の範囲ないで推移していたから直ぐに達成するだろうと思ったのに半年続けても全く変化無し。

一時は91キロくらいまで下がったときもあったけど、それは昼を抜いたときで、俺のポリシーとしては朝昼はがっつり食べ、夜は適当に食べたり食べなかったりな感じで朝起きたときにスッゲー腹が減るのを理想としている。

なので、朝はすき家のまぜのっけ朝食、昼はすき家の中盛り味噌汁ランチにマクドナルドのアイスコーヒーとマックシェイクMサイズが定番になっている。

まぁマックシェイクが減らない要因なんだろうなぁとは思うので、すこし減らす様にしているくらいで余り食べ物を減らすとかやってなくて、むしろがっつり食べているのに維持出来ているので歩きの効果なんだろうとは思う。

歩いて代謝を増やして腹が減るので食べるのでプラマイゼロ、ややプラスと言った所なんだろうな。

まぁ今まで殆ど運動なんかしてなかったので、まずは歩きを続けて習慣にしたわけだが、おかげで疲れるというのは殆ど感じなくなってなんかパワーが上がった感じはある。

続けていれば一気に代謝が上がって減っていくだろうなぁとは思っているのだが、余りにも無頓着過ぎるのも折角の歩きが無駄になる気がするので、ちょっと体組成計の数値をオムロンConnectいっかつで管理して意識を高めようと思ったわけだ。

2千円のスマートウォッチの数値がなんか信用出来ないし、体温もいつ測っても36.3度で、時計を外しても同じ数値なので、なんかこのスマートウォッチH2の数値は信用出来ない。

そこで、気になったので歩数を実測値と計測値を比較してみたんだが、おおよそ5%はずれていて、少なく表示していた。

まぁ実際の歩数よりも少なく表示する分には同じ誤差でも前向きになれる誤差なので妥協しているが、あまり精度は良くないみたいで、何よりも血圧も測れるのだが上腕式の数値よりもかなり低く出る上に、体中どの位置で計っても同じ数値ってなんか怪しいんだよなぁ....

だからあくまでも目安にしかならないし、そう書いてあるだけにおもちゃなんだなぁと思う。

体温はこのご時世、結構有効で良いとは思うのだが、やっぱり体温もオムロンの体温計で計測した方が良いだろうな。

まぁこれでしばらく様子を見て体重を減らす方法を模索してみたいと思っている。