VB6でProgressが復活した

このところ、システムを数回入れ直したのだが、ようやく落ち着いたので開発環境を入れ直して、再度VB6をWindows10にインストールしたのだが、なぜかProgressBarが使えるようになっていた。

前は何度やってもProgressBarだけ消えてしまったのに復活してくれた。

MSCOMCTL.ocxが壊れてたのだろうか。

以前は仕方なしに独自にAPIを使ってProgressBarを復活させたのだが、やはり正規のProgressBarの方が良いとは思うのだが...

ただ、いきなり使えなくなったときに全部入れ替えたので今更戻そうとも思わないし、いきなり壊れる可能性も否めないので、オリジナルなら何とでも直せるし、色とかサイズとかオリジナルならではの設定ができる様にしたので、もう良いかな。