バッテリーが上がると押しがけ出来ない

YZF-R1を中古で購入後、バッテリーを台湾ユアサの自分で液を注入するタイプのものに変えてそこそこ使ってはみたのだが、車検の時に、結局、燃料ポンプの交換が必要で、交換したところ、スゴく回転が良くなって、快適に乗れていたのだが、日頃の走行距離が短くなって、バッテリーがやばいなぁと思っていたら、とうとう上がってしまった...

外して、再充電して見たのだが12.9Vまでしか上がらず、10時間充電したものの1分で終わってしまった。

こりゃぁ寿命かな

今度は国産ユアサに変えてみようかと思うのだが値差が3倍!!

台湾ユアサは4,380円で国産ユアサは12,304円なんだよなぁ.....

まぁ概ね2年は持ったし、おれのR1も次の車検までかなぁと思うので、また台湾ユアサで行くかな

ちなみにFIだと押し掛け出来なくてキックもついてないし、駐輪場が地下だから地上に上げるのすらできんのだわ。