トラペットスタンドを追加した

HERCULES STANDS ( ハーキュレススタンド )/ DS410Bを追加した。

前は練習に行く時、1本は置いて大体、高校生の時に使っていたYTR-739Tを主に持ち出していて、修理に出した時に買ったYTR-6320Sは予備のラッパと言う事で使っていたのだが、新たにトランペット2本入れられるキャリーバックを買ったので、練習の時にも曲によって使い分けたり気分で使い分けたりと自由度が増えてきた。

そこで、トランペットスタンドが一個しか無いのでもう一個買うことにした。

結構色々あるのだが、購入条件は5本足と決めている。

トランペットスタンドはハーキュレスと言うメーカーが良さそうでデザインも黄色のポイントがなかなかおしゃれで気に入っている。

ハーキュレスでも三本足の折りたたみ式のスタンドが人気がありそうだけど3千円近くするので、ちょっと気が引けていて、この5本足が1500円と半額の価格だったのでこれにした。

今使っているのはプラスチックのスタンドで足も細くセンターの棒はネジを外してベルにしまうときは逆向きにつけ、使う時はその棒を外して立てると言う使い方だった。

同じ様にベルに収納出来るこちらは、真ん中の棒がねじ込み式で押し込めるので外す必要は無く、そのまま引っ張り出してねじ込むだけで立てられるのが使い勝手は良い。

それにプラスチック製に比べるとこちらは金属製らしく結構重量もあって意外に重かった。

プラスチック製でも5本足だったのでまぁ倒れる事も無く安心していたわけだが、今度の5本足の重量感と安定性はかなりの物で、良いスタンドだと思った。

何よりも折りたたむとコンパクトでハードケースに収納してもベルから出る事が無いのでそのままラッパ毎しまう事ができるのがかなり良い。

前のは一往ベル収納式ではあるがベルから出るのでハードケースではそのまま収まらないのであまり意味がないと思っていた。

まぁちょっと写真ではわかりにくかったが、ハーキュレスのスタンドはベルに収納してもハードケースに収められたのがバックのスペースを節約出来て良いと思う。

今はキャリーバックにしたのでスペースは余裕であるのでベルに収納する必要は無いのだが、前のはベルに収納と言うので買ったのだがハードケースに収まらず今回は本物だ。

それと、写真では易っぽく見えたのだが、実際に手元にどどくと、全面ゴム素材でコーディングされていて、楽器に優しそうで質感は良い。

前のプラスチックのスタンドは180gだがハーキュレスのスタンドは290gあった

足は細長い面の足なのでしっかりしていてぐらつき無くスタンド出来た。

トランペットスタンド、あるのと無いのとでは大違いで、椅子や床にそのまま置くのはどうにも気が引けるのだが、1500円程度でそれが解消出来るのでスタンドは是非用意した方が良いと思う。