やっぱりバッテリーがへたってる

いい加減、バッテリーが1日持たなくなっているので、今日、ドコモに買いに行った。

とはいえSC-01F(GALAXY note3)は4年以上前の機種なので在庫しているはずも無く、後日宅配で送られてくるのを待つしか無い。

note3のバッテリーは特殊で、おサイフ機能を使うためのアンテナがバッテリーに仕込んであって他の機種のバッテリーよりややお高めの4千円もするのだが、仕方が無い。

電池テストをするのに本体からバッテリーを外して見たところ、ぷっくりとお餅が膨らむみたいに膨らんでいたのには驚いた。

4年も持ったんだからまぁ寿命なのは仕方が無いな。

それよりも、ドコモの店員、俺にバッテリーの持ちが悪いのはアプリの性だと普通に説明しやがるから、しばらく聞いていて、最後に、その根拠を聞いたら常駐しているからだそうだ...

素人相手にする説明ならそれで良いのかも知れないが、Androidデベロッパーの俺にそんな説明通用するはずも無く、素人の振りして遊んでやった。

基本的にバッテリーを持たす方法は簡単で、メールなんかの同期を止める事だ。

メールはいつも手動受診で、キャリアメールのみPush受信のまま受けているが、他の設定しているemail、gmailは全て手動での送受信としている。

これだけで、バッテリーの持ちは相当違い、ご覧の通り4年以上経ってもまだ辛うじて1日持たせる事ができるのだ。

他にもバッテリーを持たせるコツがあって、SNSは一切やらない、ゲームは一切やらない、スマホは電話とスケジュールと時たま地図や調べ物にしか使わない。

それと一番大事なことはCM付きの無料アプリはインストールしない事

これは、合理的に考えれば直に答えが出る話で、一番バッテリーを消費するのは、画面のバックライトと通信アンテナにGPSだ。

小さな筐体で電波を確実につかむためには、アンテナに一番バッテリーを供給する必要がある。

何処に電波塔があるのかわからないが、空気中にある自分のキャリアの電波を正確に受信し続けるには、アンテナが重要でそれが一番バッテリーを使うわけだ。

当然、メールやインターネットなどの通信時にもアンテナを必要として、その端末の情報を電波塔とやりとりしているわけなので、通信する事が一番電池の消耗が激しいと言う事がわかるはず。

なので、自動での送受信などの設定では常にアンテナにバッテリーが供給されるので必然的にバッテリーの消耗が激しくなる。

当然、SNS等通信アプリなわけなので、LINEやFacebook等を頻繁に使っていると、通信の為のアンテナに画面を見るためのバックライトが必要なので当然バッテリーの消耗は激しい。

俺のようにメールは手動受信、画面は薄暗くしてGPSを使わず、SNSもゲームもやらなければこんなへたったバッテリーでも1日くらいはなんとかなるのだ。

とはいえ、つい電話でしゃべってしまうとそれだけで直に消耗してしまい自宅に帰るまでには20%を切ってしまい、自動的に電源が切れているなんて事もしばしば...

一気に減って一気に充電出来てしまうと言う異常な状態

当初は、ほぼ横ばいだったわけで、このグラフはバッテリーを確認するのにすごく便利で、下り坂があまりにも急だと、バッテリー様ご臨終...

まぁそれでも42%のバッテリーでも普通に使う分には朝から持ち出して5時まで持つので急な連絡を受けるには十分、スマホの機能をはたしてくれる。

それにしても外部バッテリーまで使って使い続ける人が多いのも驚きでモバイルバッテリー不要の俺には考えられん。

そんな人に俺のスマホ午前中も持たないだろうな。

写メではわからないけど、ドコモのへたったバッテリーはこんもりと盛り上がっている。

左のバッテリーはSamsung純正のバッテリーではあるのだが、おサイフ携帯が使えなくなる純正のバッテリーで失敗したので予備として使うしかないバッテリーだ。

バッテリーさへ交換出来れば、note3のスペックなら今の最新機種と比較しても遜色泣く使えるので、未だAndroid5.0のまま使っている。