セキュリティーソフト

もはや、一般的すぎてインストールしてない人はいないと思うし、未だに無料のAvastとか360とか使っている人もいないのではないかと思うセキュリティーソフト。

もし無料のツールを未だに使っているのならソースネクストのスーパーセキュリティーZEROでも入れておいて方が良いと思う。

無料のツールの代償として広告が自動的に表示されても良いというのならかまわないが、これは本末転倒で、それが脆弱な部分になっていて、折角のセキュリティーツールに自ら穴を開けて使っていると言うことを肝に銘じておいた方が良いだろう。

俺は基本的にはこのKaspersky推しなんだが、ユーザに提供するのに、アップデートの管理とかほぼしないので、無期限ZEROにしておけば最初に設定しておけばPCが壊れるまで払済みとして使えるのでメンテナンスフリーなので便利だ。

とはいえ、どんなものなのか自分でも検証するつもりで半年くらいは入れっぱなしにして使って検証していたわけだが、もうそろそろKasperskyに戻そうと思って、クリーンインストールついでにKasperskyに戻したのだが、やはり安心感が違う。

スーパーセキュリティーZEROもなかなか良いとは思うのだが、何か安心感がなくて、と言うか過剰反応したりしてhosteファイルまで監視してネットワークにつながらなくしてしまったりと結構手間がかかった。

過剰にランサムウェア対策がされていて、これ単純にファイルを保存するツールが全部たいしょうになると言う、一見、ちゃんとしてそうで見せかけのセキュリティーでいちいち、許可設定する必要があって、これはユーザの判断任せで結構無責任な機能に思える。

ちゃんと、中身を解析して止めている訳ではないところに安っぽさを感じるのだ。

やはり、セキュリティーだけで飯が食えるようなところが提供しているツールとは違うと感じるところだ。

とはいえ、スーパーセキュリティーZEROご苦労様。