上手いことやりやがる

くそー、上手いことやりやがるなぁ

詐欺で警察に行こうと思ったのに、先に返金してきたと言うことは被害が無くなってしまった。

少額でも被害金額が算出出来れば被害届け出来たのだが、返金されたとなると被害金額が発生しないので警察も対応出来なくなってしまうと言う上手いやり方だなぁ

これで、泣き寝入り金額を上手くせしめて儲ける手口なのか。

なんとかならんだろうか。

ちなみに、良品であっても必ずSDカードはローレベルフォーマットをする事にしている。

理由は俺がウィルスをまき散らす方法として、中古品のSDカードを提供しておき、ウィルス自体はSDカード上に不良セクタとして、不良データとして書き込んでおくのだ。

不良データはご存じの通り復旧する事ができるのはしていると思うが、その復旧の手口で通常表示されない領域にウィルスプログラムを仕込んでおき、あるタイミングで復旧させて活動させる事でPCを感染させる事ができるのだ。

なので、時間はかかるがローレベルフォーマットと言うのは重要で、この操作で、例え悪意のあるデータが削除された状態でメディアに存在しても全て削除する事ができるので、以後安全に使う事ができる。

一度もローレベルフォーマットをせずに使っている新品SDカードのリスクはかなり大きいのでご注意を。

ちなみにこの偽物SDカードの速度は13mb/sとかなり性能が低いが、数値だけならまぁデータ保存に使えない事もないのだが、突然データが消滅するハードウェア自体の欠陥があると思われるので、正常に使う事ができないので残念だ。

正規品であっても突然の死亡はやむを得ないわけで、あくまでも実験サンプルとして取り扱ってみた。

この後、日本の警察に模造品としての証拠物件は提出しても返金があったので被害届としては弱いのだが、今回はノーブランドではなく、メーカー名を騙った堂々とした明らかな偽物なので、著作権法違反に抵触している。

これは親告罪なので、Samsungが被害届を出すことで成立するので、Samsungをかついで、あんたの所の名前を担いで詐欺をしている連中がいる事を野放しにしていいのかとSamsungを煽る必要があるが、警察を動かすより、敷居はかなり低いと思っている。

今回の場合、金額的な被害は回避出来たので、Samsungを煽って健全なネット通販の世界を構築出来ればと思ってSamsungに連絡を取っている所だ。

ちょっと興味がわいたのでベンチマークやってみたらこれだ!一往書き込みも読み込みも出来て、使えるっちゃー使えるのだが、Floppyディスクよりも早いのでそんなレベルだが、大容量ファイルは書き込み時にエラーする

性能的にも5MB前後のファイルなら書き込みしても問題ないのかなぁとは思うがとても安心して使えるものではないしベンチマークも時間がかかりすぎて最初で打ち切った。

ちなみにMacBookPro2012もベンチマークやってみたらこんな感じ

今回、偽物販売業者が失敗したのは、ノーブランドのまがい物では無く、Samsungの偽物を販売した事にある。

ノーブランドなら、性能が悪くてまがい物であっても警察に持っていくことに意味がない。

しかし、今回はパッケージを真似、カードの塗装なども全てSamsungの偽造で、これは大問題で性能云々の前に、犯罪確定と言うことになるわけだ。

これが、ノーブランドの製品を送ってきたのであれば、送付間違いと言う事でいくらでも正しくごまかせるわけだが、偽物はごまかしようがない犯罪の証拠なのだ。

飽きたら警察に証拠品として提出しに行こうと思っている。