Optiplex 790改造計画

DELLのパソコンの中でもこのOPTIPLEX 790は結構好きな筐体だ。

前の職場で廃棄になる予定のPCをただでもらってきたのだが、電源が故障してしまい動かなくなっていた。

電源は安く手に入ったので交換して、OSもWindowsServer2012を入れてみたのだが問題なく結構快適に動作してくれた。

なので、自鯖にして使っているのだが、今回WindowsServer2016に入れ替えたので、HDDから安くなったSSDを買ってきて、換装することにした。

HDDは6Tを買ってきたので、DVDのSATAを差し替えて、内蔵HDDにしてDVDは使わないことにした。

Windows Server 2016はほぼWindows10と変わらないのでスタートメニューなんかもWindows10と同じなので、Start10と言うスタートボタンの動作をWindows7タイプにするメニューもそのまま使えたので結構便利だ。

基本的にパソコンとして使う事は考えて無くて、6TのHDDにするのは、自鯖としてマイリポジトリを構築するために換装して、基本的にバックアップ用のファイルサーバーとして使う事にしている。

その際、外付けのHDDにせずに、DVDは使わないのでそこにHDDをつないでSSDは隙間になんとか収まる位軽くて薄いので良い感じに収まってくれる。

この機種パソコン工房でGTX-1060を積んで6万円で売っていたので思わず欲しくなったが、 i5じゃなくてi7か今ならi9にしたいので、もう少し購入計画を立てないと手に入りそうもないので少し我慢中だ。

でも、この自鯖がSSDに換装して超快適なので結構満足した。

その後、マザーボードをよく見るとS-ATAのポートが一つ余っていて全部で3つあった。

そこで、元々のHDDは6TのHDDに換装して、安売りで買った4200円の250GBのSSDをCドライブにして見つけたS-ATAにケーブルを挿して、元々のDVDをつないでみたら認識してくれた。

なので、内蔵デバイスが3つちゃんと認識してくれた。