優れものマーカー

今までボールペンとかシャーペンとかは吟味してきたのだが、蛍光マーカーは何故か何となくその辺に落ちている感じで買ったことが無かった。

それに、蛍光マーカーを引くと言うノートの取り方や本の見方をしたことも無く、蛍光マーカーって完成形であの斜めのペン先みたいなのから進化しないものだと思っていたのだが、この蛍光ペンは結構スゴい。

単純に蛍光マーカーが家に無かったので手にしたのだが、思わず「ステッドラー」製の蛍光マーカーだと言う事で、無条件で買ってしまった。

ステッドラーと言うメーカーは製図用具の老舗で、ロットリングやら鉛筆なんか若い時には好んでこのメーカーの物にしていた。

そのメーカーから出ている蛍光マーカーなので、吟味する迄も無く、買いだったわけだ。

で、買ったのだが、これが今まで見たこともない、丸いペン先でクレヨンみたいな感じで書き心地は超滑らか。

さすが、ステッドラーだと思った。