譜面台のトレーについて考えて見た

まぁ譜面台トレーと言えば一般的にこの用な感じの物をイメージするのだろうが、楽譜を載せる台に挟み込むのがどうもしっくりこないのと、なんかおもちゃみたいで、単にチューナーとかマウスピースを乗せたいだけなんだが、買う気になれず、自作しようかとホームセンターを物色したものの、良い感じの物が見当たらない。

そこで、ネットで色々と検索して居ると、アウトドア製品に、パイプラックと言うのかチェアートレーとかいく感じでキャンプなんかで使うパイプ椅子の肘掛け辺りのパイプに挟み込む様なトレーがあった。

値段もここまでしっかりしてそうな感じで500円と譜面台のおもちゃみたいなトレーが800円とかするのに比べて安いのに良い仕事をしている製品があった。

勿論、譜面台のポール側に取り付けるタイプでバランスも良さそうだ。

ただ、俺の持っている譜面台のポールの一番細い部分は約12mmで、この製品は15mm~とあるので3mm程何かを噛ませる必要がありそうだが、断然、こっちの方が良い。

写真ではキャンプでマグカップとサンドイッチの載ったトレーがのっていたのだが、俺の場合、ペットボトルとマウスピースにチューナーと言った感じになると思う。

譜面台パーツなんかそれしか使えないのに、800円も出すのかわからんが、これで500円で汎用的に使えるんだからこっちの方が断然良いと思うのだ。

パイプも一番細いところに付けるよりも2段目の方に付けると思うのでなんとかなるだろう。

どうも、音楽関係者の考える製品は貧素な気がして気に入らない。

挟み込むところに低反発スポンジを切ってアロンアルファで貼り付けてみた。

で、ミュートとかマウスピースを置いてみたのだが、スゴく安定していてかなりの強度を維持できた。

それに、ポールに設置しているので、譜面が落ちる事無く、安定している。

かなりしっくりくるので譜面台専用のオプション買わなくて良かった。

これ、思いのほか便利かも。

ラッパの場合は、ミュートにマウスピース、チューナーと結構譜面台の周り、散らかってしまうのでミュートホルダーも欲しいなぁと思っていたのだが、これ一個で全部まかなえた。