バックパック比較してみた

これが、Amazonで3599円で売っているバックパックで低価格にしてはUSB端子とピンジャックまでついているし、持ち手がバック側にあるので非常に持ちやすくてかなり使い勝手は良い。

こちらはメインで使っているバックパックだが、値段は倍だが、完全防水でポケットの使い勝手は申し分ないのだ。

実はこのどちらも持っているのだが、Tzowalaは防水バックパックとあるが、生地の目が粗く、ファスナー部の防水加工はないので小雨や一時的に雨をしのぐという感じなら大丈夫だと思うが、Bellstoneの防水は生地も目が細かくファスナー部も防水加工してあって、これはファスナー自体が防水用のファスナーと一般的なファスナーの材質の違いだと思う。

それに手前の小物側のポケットがBellstoneの方が小物入れとしての使い勝手がよくてTzowlaの方は小さいポケットでこれは会社の認証カードをぽいっと入れておくには丁度良いがそれしか入らないくらいちょっとしたポケットでこれはポイント高いが、Bellsotneはそれをカバー出来るほど手前のポケット内部のポケットに入れられるので特に差を感じない。

目的はMacBookProの持ち歩きがメインなのでそれはどちらも問題ない

後は周辺機器のDVDドライブと細々とした小物類だが中はどちらもゆったりしているので容量的な問題はどちらも感じない。

なので、俺がバックパックを比較するポイントは4つで、1つめは背中側にポケットがあるかどうかで、財布なんかを入れるのに背中側にポケットがないバックパックは役不足だと思う。

それと持ち手のバランスが良いかどうかと持ち手が厚く持ちやすいかが気になる点だ。

それと、ショルダー部にもポケットがあるかどうかで、俺の場合ロキソニンをこそっと忍ばせるポケットがショルダー部のポケットでUSBメモリー中も入れたりしている。

最後に、これが一番気になる点だが、胸元にバンドがついているかどうかだ。

これがないと、なんか方のバンドがずれてしょい心地が安定しないのでいやでついてない場合は後付けで加工している。

その目線から見ると、胸元のバンドがあると思ったのにTzowlaにはついてなかったのでちょっと残念

ショルダー部のポケットはどちらもあるけど、Tzowlaは片方にしかついてない。

背中側のシークレットポケットはどちらもあってこれは合格

持ち手はTzowlaの方は本体側についていて持ちやすくとても良いが、Bellstoneはショルダーバンドを繋ぐような持ち手で、これがかなり持ちにくいので気に入らない。

一応、Bellstoneのバックパックをメインに使うようになったのは持ち手以外はすべてにおいて質感もよく使い勝手が良いからでフルオープンになるファスナーの長さは意外に使いやすい。

左が防水対応のファスナーで右が普通のファスナーなんだが違いがわかるだろうか。

左のファスナーはファスナーは歯がわからないが右はファスナーしている。(表現が..)

なので、雨などがかかった場合、左のファスナーなら水がしみこみにくい感じだが右のファスナーは普通に隙間から水がしみこんでくると思うのでレインカバーが必要だが、レインカバーまでは付属してなかった。

それと写真でもわかるとおり、生地のキメの細かさが見て取れると思うが、この辺の材質の差が価格の差になっているのかと思う。

サイドポケットは左がBellstone、右がTzowlaだが、ゆったりしているのはTzowlaでUSBとピンジャック端子を繋ぐ機構もある。

Bellstoneのサイドポケットは薄くて入らなさそうだがこれはベルトが仕込まれていて何も入れなければピタッとなっているがものを入れるとペットボトルを入れられるようにマチがあって広がるようになっている。

スマホを入れるときはこのままぺったりした状態なので逆さまにしてもしっかりホールドしてくれ、折りたたみ傘を入れるときは少し広がってこれもぴったりと収まる可変サイズなのが良い。

Tzowlaの再度ポケットはゆったりしていてバック自体の厚みを調整出来るサイドベルトがあるのでそれも使って押さえる事は出来るが、スマホを入れるのはちょっと不安になる。

ただ、ピンジャック端子が使えるのは良いと思うが、活用する人ではないのであーそーなんだ程度であまり気にならないし、もし使うとするとBlueToothなので有線じゃないので必要ない。

まぁ中にレシーバーをしこんでリュック側にイヤホンを刺してスマホを自由にするという使い方なんだろうが、前にそういうタイプのリュックを使っていたがリュックの上げ下げでイヤホンを外す必要があるのでいらないかな。

USB端子も重たい外付けバッテリーを仕込んで充電出来るということなのだろうが、持っているスマホはGALAXY note9なのでまず、バッテリーの消耗を気にする必要がないくらい本体が大容量で、俺の使い方だと1日つかって60%も残ってしまうのでもっと使わないとなぁと思うくらいだから別の使い道を探してみようと思う。

それと手前側のサブポケットに当たる部分がTzowlaは深くA4サイズのノートをサクッと入れられるが、BellstoneはA5サイズでそんなに深くないのでちゃんとサイドポケットに感じる。

なので、Tzowlaはサイドポケットでありながらそこそこ色々と入れることが出来るのがメリットでありデメリットな気もする。(良い意味だけど)

何より持ち手が重要で同じ重量のものを入れているのに、バック側に持ち手がついているTzowlaは持ちやすく良いのだが、Bellstoneはかなり持ちにくくて唯一の欠点だ。

この持ち手が改善出来ればBellstoneだけで良かっただけに残念ポイントなのだ。

他にあるバックパックは全部本体側に持ち手がついているのでそんなに気にすることもなかったのだが、ショルダー部に持ち手が着いているのは持ちにくい。

なんか完璧なバックパックって意外になくて、完璧に近いのに持ち手が駄目だとか、シークレットポケットがないとか胸元のバンドがない、サイドポケットがないとか全部そろっているバックパックってなかなか見つからないので迷走の旅は終わりそうもない。