3画面で遊べるレースゲーム

折角のマルチモニター3画面環境はレースゲームの為だけでは無いが、Project CARS2のDEMO版をインストールしてやったときに、いびつなモニター構成なのに3画面で遊べたここに感動してFHDの3画面にしたというのが大きな理由になる。

そもそもレースゲームは全部どれでも3画面で出来るものだと思っていたのに、それは全く違って、3画面対応しているレースゲームは俺に知る限りProject CARS2と3の2本だけしか無い。

Accetto CorsaやAssetto Corsa Competizione、WRC7,8、Dirt4,Dirt Rally2等全くと言って良いほど3画面にしても違和感だらけでコックピット視線では遊べない。

Project CARSの初期は3画面対応してないのだが、2で完璧な3画面対応、3ではより完成度は高まっていると感じる。

何が違うかと言うと単純に、助手席の見え方で、pCARS2,3以外は1画面で構成されたコックピットを単に横に伸ばしたり少し広く「見える」様にしているに過ぎず、背景となる景色はそこそこ広い範囲で表示可能で、それは元々そういうマップにしておかないと高速に処理が出来ないので空間は良いのだが車内の作りは全くと言って良いほど3画面に対応出来てない。

これはACのNVIDIA Surroundで3画面を1画面にして超ワイドモニター化出来る機能に便乗して表示した画面

そして、これがpCARS2の同じ車両のコックピット内の画像

比べて解るとおり、自然過ぎるほど自然に助手席も見えてドアミラーも完璧に映っている。

ACとは全く異なる風景になっているわけで、これがリアルを追求した結果なんだろうと思う。

こちらはpCARS3の同じ車種のコックピットからの景色だが、まぁほぼ同じでリアル過ぎる。

ACCでなんとか自然になる様に修正が加わった様で、だいぶんマシになっている様に見える物の、ほぼ変わらない。

運転中にドアミラーが見えないというのはどうにも致命的で、3画面きっちり対応出来ているのはpCARS2,3だけなのだ。

それと、一番大事なことは、pCARS2,3は通常からゲームを直ぐに始めても何も設定を変更する必要なくゲーム始めた、ゲーム終わったでいい。

ところが、NVIDIA Surround頼りの3画面のAC、ACCは始める前にNVIDIAの設定、ゲーム開始、ゲーム終了、NVIDIAのSurround解除、この時、モニター設定がうまく戻らず、2枚は繋がってない状態なので、ディスプレイ設定で2枚を元に戻しつなぎ直し、レイアウトを確認するなどまず面倒。

なので、よほど暇なときでもない限り3画面でプレイする事は無い。

WRCシリーズも3画面非対応でNVIDIA Surround頼りなんだが、無理矢理感が凄くてなんかすぼまった感があって実に違和感がある。

ただ、走ると景色はワイドのまま表示出来るので迫力は半端ない。

レースゲームはそもそもコックピット内をじっくりみる暇はないので気にしなければ良いのだが、ゲーム専用の環境ではなく、仕事でも使うPCなので、環境を元に戻すやらそういう細かい設定をいちいち行うのは面倒でしょうが無いのでNVIDIA Surroundは凄い機能だと思うのだが、普段使いは非常に厄介でUltra超ワイドモニター3Kに1画面になると画面最大化すると左から右まで全部を使って最大化してしまうので1画面が広すぎて使いにくいのだ。

なので、通常は3画面それぞれ独立して、使っていた方が健全で扱い安い。

映画なんかを見る際に超ワイドでシネマスクリーンも凌駕して表示出来るのは良いのだが、扱い難い。

と言う事で、3画面プログラム側のみで対応出来ているのはpCARS2,3しかないというのと、3画面にしたときに違和感などが無く、とにかくいい。

それだけでなんかテンション上がるわけで、3画面にした甲斐があったと言う物。

まぁ一度、pCARS2,3の3画面を味わってしまうと他のレースゲームがむちゃくちゃショボク見える