PCのメンテナンスツールは必要か

PCのメンテナンスツールは結構色々と種類があるのだが、実際に効果があるかどうかはそれぞれの使い方に寄る。

特に、Ccleanerとかは一時期使ったことはあるが、基本的に効果無し。

他にも有料無料を問わず一通りのメンテナンスツールを試してみたが、最終的に効果を感じたのはAuslogicのBoostSpeedなんだが、このメーカー広告がうざくて、有料であるにも関わらず、消せないので結局削除した。

特に注意しないといけないのがDriver Updaterで、これを使って良い思いをしたことがなく、大抵クリーンインストールしないといけない羽目になる。

2回同じ思いをしたのでドライバーは手動で見ながら更新する方が良い。

BoostSpeedを削除したのは、とにかくアップデートを止められない、広告がとめられない、PUPを使ってセキュリティーツールにひっかかると言うもので、Windowsの深い部分の調整をするため、ウィルスと間違えられる様な機能を触るのは理解出来るのだが、毎回ひっかかって、広告が消せないと言う事でもううんざりして削除した。

その代わりに、以前使っていたMacではCleanMyMac Xを使っていて、Macはこれ一択なんだが、そのPC版と言う事で導入したわけだが、最初はWindowsPCの事を把握出来てなかったので余り意味が無かったが、数年経ったのでそろそろ解っているだろうと言う事で復活させた。

これは、単に日頃から溜まっていくゴミファイルを削除するのとレジストリのリンク外れなどの不良レジストリを削除する程度でWindowsの高速化では無く、ゴミ掃除ツールなので害は無い。

使い続ければ増えるキャッシュや削除されない不要なWindowsのログなんかを削除して空き領域を確保すると言う単純なもので、これを放置しているとやはりPCが重くなっていく要因にはなるので使っている。

全てのツールで言えることは、手動で全部対応出来るのをツールで簡単に出来ると言うのがメリットなので、一通りの設定を自分で出来れば基本的には不要だ。

ただ、結構深い部分やレジストリなんかの設定で間違えると面倒な事になるのでツールに任せた方が安全だろうと思うので導入したが、大体いくつかのポイントを抑えれば高速化は出来るのでもう良いかなぁと思う。

自分で理解する為に、どう言う事をすれば良いのかを学習する為に必要だったが、やっている事が解れば、余計なアプリはない方が良い。

なので、不要なファイルを単純に削除するツールで十分と言うわけだ。

なので、PCの事を学習する気が無い人には有っても無くても意味が無い。

解って使わないと鬱陶しい広告やリスク無視しなければならないと言うわけで、ITリテラシーを高めてこういうツールに頼らずに自力でメンテナンスするべきものだろう。

自動車もバイクも最低限、自分でメンテナンスしないと事故のもとにもなるわけで、PCも同じで機械を使うと言うことは最低限のメンテナンスは自力で出来ないと調子が悪くなってしまう。

その為に、俺たちのようなプロがいるので稼ぎが有るなぁと思うだけだ。

パソコンのメンテナンスだけでも1時間では終わらないので時間×5千円の請求が出来てしまうので小遣いにはなるな。