究極のパソコン写真管理ツール

究極のパソコン画像管理ツールと言えばPicas3しかないと思っているのだが、何となくフォルダー内の画像を見るのに監視させる必要があるので、たまに今ある画像を取り込んでくれない御機嫌斜めになる時があるのだが、とにかくPicasa3は俺にとって無くてはならないツールの1つになっている。

Picasa3は画像だけでなく、動画まで管理する事ができるので、Picasa3を超えるツールは無いと言っても良いほど完成度も高くこれをフリーで提供したGoogleの太っ腹に当初は感激したものの、こんな素晴らしいツールを開発したエンジニアGoogleからいなくなったんだろうなぁ

まぁとにかくこのツール以外は必要ないのだが、今はダウンロードする事ができない。

今ネットで検索して出てくるダウンロードサイトは危険だらけでGoogleサイト以外からダウンロードするのは止めた方が良いだろう。

その代わりにGoogleはGOOGLEフォトを提供したと言うのだが、ネット接続前提の画像ツールと言うのがどうにも性に合わず、いまだにPicasa3を使い続けている。

とはいえ、デジカメ写真管理的なツールはそこそこあって、ソースネクストのメルマガでディスカウントソフトの情報をみているなかに筆まめから「デジカメ写真整理」980円と言う事だったので、通常2500円位で販売しているツールなのでまぁ使いやすいのかなぁと思って買って見たら飛んでもない無駄遣いだった。

まぁ良くもこんな酷い仕様のツールを売っているなぁと思ったわけで、写真を管理したいパソコン素人を騙して金を巻き上げる詐欺と一てもいいソフトだった。

とにかく使えないのが、毎回起動する際にリストを構築している様でとにかく遅く、PC内に画像が10万枚ほどある俺のPCなんかだと、ほぼ起動しない。

どうやったら起動するのかわからず、これもPicasa3の真似をしてフォルダー監視タイプなのだが、フォルダー監視した状態だと起動すらできない。

当然、プロが使うパソコンなわけで。画像といえども、色々とアイコンの素材だったり、壁紙だったり、自作のアプリを開発する上でのUIを構築する為に色々と取り込んでとにかく削除せずに溜まった画像だけでも数万枚は優に越えている。

そんな状態なので管理ツールが欲しかったわけで、Picasa3ならバックグランドで取り込んでいるのでいつの間にか全ての画像はPicasa3内で全部管理出来る様になっている。

ただ、量が多すぎて、目的の画像を探すのに、ちょっとグルーピング的な使い方がいまいちわからず、デジカメ写真を管理すると謳っているツールならその辺はお手の物だと思って、説明を読んで良さそうだったので買って見たのがデジカメ写真整理なんだが、クソアプリとはこの事だと思った。

まず、写真を選択するのが全部選択するかしないかの2択しかなく、マウスで範囲を選択するとか、SHIFTキーやCTLキーを押して選択する一般的なファイル選択の概念が無い。

アルバムを作ると選択状態がリセットされるし、不要な確認が多すぎる。

起動が遅くて使い物にならず、画像の多いフォルダーを監視しようとして、初期起動は遅いのはしかたないとかなり妥協して放置していたら、いつの間にかアプリが落ちていた。

しかもエラーも吐かずに落ちているので何が原因か不明で、フォルダーを一個一個選択していって、破損したJPG画像のEXIF情報を取得しようとして落ちているのではないかと思われるがそのエラー処理すら無い市販のソフトって俺にはあり得ないと思った。

さらに最悪なのはPNG画像が取り込めないと言う致命的か欠点があってマジで吐き気がした。

編集機能なんて、特に気にしないので大量の画像を簡単に確認できて、見つけやすくしてくれるだけで良いし、区分出来れば尚良しと思って期待しただけにがっかり度が大きい久しぶりにであったクソアプリだった。

そしたらソースネクストの参るが溜まっていて1800マイルで交換したアプリがこの「たっぷりデジカメ」だが、これはPicasa3越のツールと言うと大げさだが、Picasa3の良いところを上手く取り入れてオリジナリティーたっぷりで、筆まめじゃなくて筆王チームのソフトなのでやはり完成度が高かった。

フラッシュアルバムも作れたりスクリーンセーバーにスライドショーまで作る事ができる気合いの入れようで、Picasa3よりサムネイルの表示が速くて気に入っている。

それに、必要な画像だけど簡単に纏める事ができたりとかなり管理すると言う意味ではPicasa3より優秀で使い勝手が良い。

最もPicasa3を補完するするツールとしてではあるが、十分な実力があって、そもそも筆王のユーザなんだから浮気せずに筆まめのツールを買わなければ良かったと思った。

とはいえ、溜まったマイルで交換したので、金を払ったと言う認識がないのでまぁ妥協出来るのだが、たっぷりデジカメは相当使い勝手が良くてPicasa3が手に入らない人にはお勧めだ。

インストールするとコントロールパネルから起動するので直接アプリから起動したい場合はインストールフォルダーの「FFCManager.exe」のショートカットを作って起動すればコントロールパネル無しで直接起動できるのでより素早く起動する事ができる。

このツールは監視フォルダーに区分けした画像を編集すると言う使い方なので、画像を選択するモードと編集する為の素材表示モードの違いがわかるとかなり使いこなせると思う。

とはいえ、前にRoxio NXT 6 Proを格安でアップデートした際ついてきたPaint Shop Pro X9があると、画像管理から編集までが一気通貫で出来るので管理ツールと言う独立したツールが必要なくなったと言えばそれまでだが、とにかくお手軽に画像を編集するのではなく、まず整理するだけと言う事であるととっても便利なのが、デジカメ写真管理と言われるツールだ。

そんな俺自体が特にデジカメで録りためた写真が有るわけでは無いのだが、ちょっと前に知り合いのパソコンが壊れてHDDから画像を撮りだして上げた際、画像だけで13GBと言う要領で、枚数こそ約6千枚程度だったのだが、10年間の思いでの写真が楽しそうで羨ましかった。

俺はそんな写真を管理する事はこれからもないだろうが、画像はアイコンを作ったり、アプリのボタンを作ったりする際に結構ヒントになったり、今時のツールはユーザの好みで色々とスキンを変更出来る様な機能があると喜ばれるのでその為に一役かっているのだ。

長々と書いてしまったが、筆まめの出来の悪いツールである「パソコン写真整理」と言うツールではとてもじゃないがパソコンの中の写真を管理する事はお世辞にも出来ないので絶対にお勧めしないツールの1つだと言う事が言いたくて、他に比較するツールを集めたと言うわけだ。