眼鏡とマスク

そもそもマスクはしない派で今までマスクは全く付けてこなかった。

しかし、最近、特に緊急事態宣言が発動されてからと言うものマスクをしてない人の方が多いと言う気持ちの悪い事態になっている。

これは、しばらく前からマスクがない、手に入らないと言う馬鹿なヤツの買いだめのせいで、朝早くから薬局に並んで買うとかやってられない。

なので、花粉症でもないし風もめったにひかないのでマスクをする機会も無く買う事も無く薬局以外コンビニでも売っていると言う事すらしらなかった。

しかし、このご時世マスクをしてない人の方が目立つという逆転現象を垣間見ると、マスクをしてない健康な状態が非常に目立ってしまう。

普段、目立ってしまうとそれだけが気になるし、ひっそりとフィクサー的な存在でありたいので、空気のように存在感をなくしたいのだがそれにはマスクが必要だと言う事でマスクを買う事にした。

ただ、並んで買うと言う事はせず、普通に薬局に入ってあれば買うが無ければ内で単に手に入らないだけの話でどうしようも無い。

ところが、そう言えば祇園の中にも小さな薬局があったなぁと思って、仕事の帰りに寄ってみたら普通においていたのでちょっとお高いなぁと思ったが手に入れることが出来た。

必要だと思うと直ぐに手に入る自分自身の運命の強さに感動しつつ、1時間前に入ったばかりなですと薬局屋に主人はいっていた。

で、難なくマスクは普通に手に入れることが出来たのだが、問題はメガネだ。

最近は、普段でも遠近両用メガネをしていて、片方にしか度ははいってないのだが、若気の至りなのか、とにかく左目だけ視力が以上に悪いのだ。

右は裸眼で何ら問題無く、免許も裸眼でOKではあるが、普段、右目でしか見てないので左目が右目の視力に合わせようと常に瞳孔の筋肉が動いていて非常に疲れる現象に陥ってしまう。

こうなると肩こりやら偏頭痛やらと良いことが無く、とうとうメガネと言う訳だ。

ただ、メガネをするのは良いのだが、マスクをすると曇って前が見えなくなる。

ヘルメットの時はシールドに内張があって、それをすると全く曇らない状態にする事ができるのだが、メガネだとそう言う装備はないのでどうしたものか考える。

ネットでは上を折り返してとか、鼻の金具をピッタリと折り曲げると言う事が言われているが、曇る原因は息がメガネに掛かるから曇るわけだ。

なので、根本的に鼻呼吸してるわけなので、その息が上に上がらなければ良いので、鼻の頭にガーゼを被せて横の散らすようにすれば曇らないわけだ。

ガーゼは楽器を磨くのに100円ショップで大量に買ってあって、マスクに収まる様にハサミで小さく切って鼻に被せてそのままマスクをあてるとちょど良い。

それに、マスクに直接口が当たらないのでマスクも清潔にたもち、中のガーゼを交換すればしばらく同じマスクでも汚す事は無い。

これだけマスクマスクっていっていてもそうそう手に入らないわけで、殆どの人は同じマスクを続けてしているはずだ。

これではマスクの意味は全く無い訳なので、食事の時に外したらそれでマスクの寿命は終わりだ。

外向きの置こうが内向きの置こうがマスクを手で触ったらそれでも終わり。

なので、今マスクをして外出している人の殆どは意味の無いマスクをしている。

だから、結局目立たない為にマスクをしているだけで、たまにくしゃみが出るときもマスクをしていれば咳エチケットにもなるので良しとしている。

本来マスクは意味が無いのでする意味がないからしてなかったし花粉症でもないので本当にマスクは必要ではない。

マスクが本当に必要だと思うなら防護服を用意する方がマシだと思っている。

しかし、意味の無い事に夢中になるのが日本人特有の傾向なので、ここは目立って無用なトラブルを発生させるコロナの感染源と言うよりもトラブル回避の為にする事にしたというわけだ。

会社からの通知でも通勤にはマスク着用と手に入らないにもかかわらず赤字でかいてあるので致し方ない。

まぁメガネ族のマスクをしたときの曇り対策はガーゼを鼻に被せると言う方法が一番良いと思う。

それと、マスクの意味は無くなるが、綺麗なまま数日使う方法としては、ズボンプレッサーが役にたつ。

普段は、ズボン折り目を付けるために使うわけだが、アルコール消毒スプレーをマスクに振りかけて、更に除菌ファブリーズを掛けてズボンプレッサーに挟む込む。

ズボンプレッサーは除菌タイプの東芝の高温75度でプレスするヤツなのでこれにマスクを挟むとマスクがまたパリッと新品同様に復活してくれる。

ぱっと見3日目のマスクだとは誰も思うまい。

なので、1週間にマスク1枚あれば俺には十分で、マスクの感染防止効果はどうでも良くて、目立たなければそれでいい。