REGAL × DESCENTE

去年の11月に発売されたREGALとDESCENTEのコラボシューズ

この靴欲しくて去年の12月に行ったにもかかわらず、京都のREGAL店では取り扱いが無いという事で変えなかったのだが、ネットでも既に完売でもう手に入らないと思っていた。

それが、いつも行く新京極のREGALじゃなくてヨドバシカメラのREGALに行ってみた。

ヨドバシカメラのREGALはこじんまりとしていて、サドルシューズとかは扱いがなく、売れ筋ばかりの寄せ集め的なラインナップだったが、まぁ革靴は確りとホールカットから内羽根、外羽根と一通り揃っていた。

そこの店員と話をしながらREGALCorrectionを1つ増やして何でもスプリング入りの新たな靴底の革靴があって、グッドイヤーウエルト製法と言うのに3万円を切った価格で販売していた。

まぁこの内羽根ストレートチップなんだが、これはこれで結構履き心地は良い。

だが、デサントの靴の話をしたとき、もう買えないのにホームページにいつまでも載せてて腹が立つなぁなんて冗談かましていたら、ヨドバシカメラのREGALの店員は駄目もとで全国の店の在庫さがしてみましょうかと言うので探してもらった。

すると、梅田のREGALで一足だけ、しかも26.5の俺の丁度良いサイズのデサントコラボが残っていると言うのだ。

直ぐに唾を付けたのは当然。

ただ、取り扱い店舗じゃない店なので会社に許可を取らないと取り寄せられないらしく、明日、会社に確認してから取り寄せると言うのだが、まぁ梅田店に行けば既に取り置きしてもらったので何れにしても手に入ったと言う事だ。

まさかREGALデサントの欲しかった靴が手に入るとは思いもよらずちょっと興奮。

発売から3ヶ月も経っているのに大阪のREGALで売れ残っているとは思いもよらなかった。

REGALの靴は人気があるのかないのか良くわからないが、昔か堅実なイメージがあって、そもそも日本革靴製造株式会社がREGALになったって知ってる?

日本製の革靴専門の会社だったわけで、昔から手間暇かかるグッドイヤーウエルト製法で靴を作り続けている会社なのだ。

とにかく、内羽根ストレートチップを買っておけば冠婚葬祭で困ることもないし、たまに、デサントコラボみたいなファッション製の高い靴もあるとよりバリエーションが広がるという物だ。

このデサントコラボのホールカットはスーツにも合いそうなんだがなぁ…試して見るか。

後日届いた!

しかし、残念ながらスーツには合わないし、履き心地は良いのだが靴底は見たとおりにカジュアルな感じのスニーカー感覚のクッションの良い靴底でついつい走りたくなる感覚になった。

まぁこの靴だと26.5cmよりも26が良かったなぁと思うがこれしかないのでしょうがない。

しかし、狙ったコラボ限定商品が手に入るってそれだけでモチベーションアゲアゲだな。

余っていた靴紐があったので試しに入れ替えて見たのだが、この紐の長すぎて駄目だ。

丁度良い長さの紐にして色も白じゃなくて茶系の色にしてこの縛り方にすると良さそうだ。

ノーマルだとどうにも革なのに艶が良すぎてビニール靴に見えてしまうのが気になる。

ただ、この靴はシャークソールを採用していて、このソール自体は以前からある様で非常に歩きやすいので気に入った。

履き心地と言うより、歩き心地はなかなか良い。

シャークソールは耐久性も良いらしいので今度はソールの種類をチェックして見る事にした。

白は長すぎて使えなかったのでREGAL店にいって純正の靴紐120cmマスタードイエローっぽい色を買って来て取り替えてみたらばっちり!

長さも一度計測していったので丁度良い感じに仕上がった。

で、完成

シンプルも良いけどちょっとアクセントが欲しかったのだが、この革質はとても上品でピカピカツルツルの革過ぎて悪く見ればエナメルの靴に見えてしまうのが気に入らなかった。

そこで、紐でアクセントを付けて革質だけを見せるのではなく紐に焦点が合うようにするとエナメル感がボケて見えるので良いと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました