ネット接続の訪問サポートってぼろ儲けだな

俺のお客さんが事務所移転すると言う事で、引っ越しにつきあう程暇じゃ無いので、申込先を教えて、後はそこのサービスマンか何かに、聞いてサポートしてもらってくれと言った物の、これだけ金取ってて何も出来ないとはぼろ儲けだなぁと思った。

このサービスで来る担当者のレベルにもよるんだろうが、結局俺がサポートする羽目に...

まず、俺のお客さんから電話がかかってきて、プリンタの接続を何でしてたのか聞いてきたのだが、そもそもネットワークで使っていたのでLAN接続ですよと解答したわけだが、お客はその意味がわかってないので業者に電話を代わってもらい指示をしたのだが、ものすごいへたれだった。

プリンタはLANケーブルでネットワーク接続してたから、HUBでつなぐ様に行ったのだが、VDSLでHUBを付けられないのでルーターが要ると言うのだ。

こいつ馬鹿かと思ったが、VDSLのモデムがあって、それにはLANポートが1つしか無いのでネットワークプリンタは使えないとまで言うのだ。

だから、HUBを使ってPCとプリンタをLANケーブルでつないでと説明するも、ルーターじゃ無いとそれは出来ないと言うのだ。

もう話にならないからお客さんに電話を替わってもらい、そこにいる業者、馬鹿だからプリンタつなぐ方法出来ないので俺が後で行くからそれまで印刷我慢するように言って切った。

当然、後日行って、VDSLのLANポートからHUBにつないで、PCとプリンタをLANケーブルで繋ぎ、IPアドレスを手動で振ってPINGが通るか確認してまずはプリンタとの接続は完了

次に、VDSLなんで、PCからPPPoEでつなぐだけなので、モデムの設定をしてインターネットの接続も完了

もちろん、起動時に自動でインターネットに繋がる様にスタートアップに自動接続のコマンドを置いて、今まで通り、電源入れてログインすれば何もしなくてもインターネットに繋がって、印刷も出来る様にした。

ネットワークプリンタで有線でつなぐので有れば、まず、HUBが有ればルーターは必要無い。

HUBを経由してPCとプリンタは物理的に繋がるわけで、LANケーブル1本でつなぐ場合は、クロスケーブルが有れば良いのだが、インターネットにつながないといけないのでVDSLモデムとつなぐために、HUBが有ればルーターの必要は全く無い。

この間にルーターが有れば、ルーターが結局PCの代わりになってPPPoEするだけで、そのポートがHUB代わりになってPCとプリンタは繋がるだけの話でルーターが常につないでくれるので便利になるだけの話なのだ。

今回、ルーターは使ってないので、PCが毎回PPPoE接続を開始するようにすれば、良くて間にHUBをかませれば同じ事なのだ。

それなのに、Plalaの派遣した業者はこの俺に、ルーターが無いとネットワークプリンタは使えませんと言い切ったもんね。

そんなレベルで1万7千円も集金して行ったなんて俺には信じられん。

世の中、そんなレベルで商売って成り立ってるんだと思うと、俺はもっと儲けられそうなんだけどなぁ...なんで貧乏なんだろう?