秀丸メールは手放せない

秀丸メールは当時、鶴亀メールと言う事で秀丸エディターユーザには無料で配布されていたメールクライアントで、まず、メールウィルスに感染することがなく、自作のマクロやライブラリに有るマクロを使って非常に便利にメールライフをコーディネートしてくれる、俺の必須アイテムだった。

商標権問題で、鶴亀メールから秀丸メールへ改名したものの、その後も使い続けている。

秀丸メールのマクロで自作したのは、「全て既読」と言うマクロで、これは複数のアカウントを設定しているとそれぞれのアカウント頃に大量のメールが送りつけられてくるわけで、そのアカウントを跨がって一気に既読にしてしまうマクロだ。

読みはしない物の、新着メール数の確認の為にもそのまま既読状態にせずに受信してメールサーバーを綺麗にしているわけだが、最近はメールサーバーをLollipopに換えたので、メールサーバーレベルで受信拒否設定も出来る様になっているので、今はほぼ、迷惑メールの類いは届くことが無い。

しかし、メールマガジンやメールでの広告はある程度受信して世間のトレンド情報としてざっくりと見ておきたいので正規の宣伝なんかはそのまま受信している。

それが、結構読まなくてもたまってくるので、一気にメールを既読状態にする必要があって、全て既読と言うマクロを作って、秀丸メールライブラリにも登録している。

秀丸メールのマクロは強力で、返信する際に自動的に敬称をつけてメールヘッダにセットしたり、署名も送信するアカウントを取得してセットしたりと最低限の設定で効率良くメールを活用出来ているのだ。

それでも、OutlookやWindowsメールとか一般ユーザが使うメーラーも使い方が解らないと問いあわせに説明出来ず、対応出来ないと言った事もあって、必要最低限、ユーザ対応の為に利用している。

一時、ジャストシステムのShurikenメールも使ってみようとは試みたのだが、秀丸メールのマクロは優秀でメールをメインに使う俺にとっては秀丸メール以外は全て使い物にならないのだ。

とはいえ、マクロを使わない体であれば、Shurikenメールは結構良いし、Outlookも仕方なしに使い始めてはいるが、悪くない。

だけど、やりたい事が全部出来る秀丸メールの使い勝手は半端無く、これからも秀丸メールを手放すことはないだろう。