MacでMusicScorePRO3の楽譜を演奏する

MacにMusicScoreViewerをインストールしてWindowsのMusicScorePRO3で変調した楽譜を開いてみたのだが、これが問題無く利用可能だった。

Wine中々やるじゃん!

MusicScore本体はインストール出来た物の、Wineでは起動出来ず断念。

しかし、Viewerで開くのはメリットがあって、デモ音源として演奏出来るので便利になった。

この曲はミュージックエイトでようやく見つけた必殺仕事人の一番有名なテーマ曲で、一度演奏したいと思って楽譜を探していたのだが、見つかったのはこれだけだった。(1100円)

しかし、残念な事に演奏を楽にする為に原曲はC-minor調だが、G-miner調に完全4下げに変調されている。

なので、MusicScorePRO3の機能で完全4上げにして原曲と同じC-minorに戻して完成だ。

この譜面はトランペット3重奏なのでメロディーが1st、2nd、3rdと音域にあわせて分かれているので、音符を赤に塗って、譜面はそのままに、メロディーを解りやすくして一人で全部吹ける楽譜にする何てこともMusicScorePRO3で楽ちんだった。

移調の件は、ちゃんと発行元に確認したので間違い有りませんのでご安心を。

しかし、4度上げると最後の音は「ハイD」なんで運指表に乗ってない!

調べて見ると、ハイDはオープンだった。えーっハイCとハイDっておなじじゃん!倍音かぁ。

なんかここまで来ると、頭に描いた音と、覚えている指が合ってなくてもちゃんと音階になっているから不思議だったんだがそう言うことか。