テレビでやってたから「カメ止め」みてみた

話題作だと言う事なんで、気になってはいたが、どうも見たいと思わない話題作だ。

普通、話題作とかいうとかなり見たくなる方で、結構映画館に行ったりするのだが、この映画は全くそう言う気になれなかった。

で、テレビでやっていたので、なにげに見てみたのだが、物の10分でチャンネルを変えた。

評価するには最後まで見ないと評価出来ないので評価しないが、普通、こういったエンタテイメント的なものって最初の掴みって結構重要だと思うのだが、この掴みから全く意味がわからず、何も感じ無い。

作品には作者の思いやらなんやら一杯詰まっているんだろうが、俺の感性では理解不能で、念のため、もう一度見てみたのだが、クソ!

時間の無駄って言うんだこういうのを見る時間、...おっそうか、時間の無駄と言う事があると言う事を伝えたかったのか。

まぁ何でもこんな作品でも評価する人はちゃんと評価しているわけで何かそう言う人たちには意味があるのだろうが、今後の俺の人生に、微塵も残らない作品と言える。

世の中にはエンターテイメント作品は山ほどあるなかで、わざわざ選ばなくても良いんじゃないかと言う思いしか浮かばない。

この作品面白いの?

と、知り合いに話したところ、マニアがいたので、最初の40分を見て、後半を見ないと駄目だと言われ、そこからが面白いというのだ。

しかし、最初の10分で生理的に受け付けないのでそもそも無理ではあったのだが、そこまで言うならと、我慢して最後まで見てみたのだが、やっぱり面白く無い。

念のため、個人的にと言う事を付け加えておくが、なんの興味もわかないし、面白さのツボがわからなかった。

この辺が解らないので、俺にはヒット作が作れないのかもしれないが、それだとしても、何が嫌かというと、雑で汚い。

低予算と言う事で多めに見られているのかも知れないが、俺も低予算のシステム開発をしているが、決して雑で汚いシステムは提供しない。

それは、自分の手の入れ方でいくらでも予算関係無しで作り込んでいけるのがコンピュータソフトウェアなのかもしれないが、低予算の映画だとしても皆の情熱があれば、丁寧に綺麗な作品を作る事は出来ると思うのだが、300万円と言う予算と言うけど、ほかにも役者なんかは手弁当で頑張っているのだろうと思うが、センスを感じなかったのが直感だ。

どんなに安い料理でも、雑に盛り付けられたら食べる気がしないのだ。

その辺が俺の感性に合わない部分だろうと思った。

結局、知り合いに言われたからと言うことでは無いが、普通の作品をみる感じでみては見たのだが、見た後にその知り合いにどの辺が面白いのかもう一度突っ込んで、一通り見たので、細かい突っ込みも入れていくと、結局、何が面白かったのかわからなくなっていたようだ。

まぁこれぐらいにしておくが、俺にはどうしても賞を取れるような作品には思えなかったと言うのが率直な感想だ。