コピーROLEXを買って見た

ネットでN級品コピーと言う物を知った。

昔はSとかAとか行ってたはずだが、今はN品と言うのがコピー品の最上級らしい

ただ、注文したのはデイトジャストだったのにサブマリーナが届いたので残念。

そして、N品とやらをじっくりと観察してみたのだが、へっ、こんなものC級品でしかない。

ROLEXはサブマリーナ、青サブ、デイトジャストのコンビと使ってきたので本物を知っている。

まぁ訳あって質屋に置き去りにしてしまったが、またデイトジャストが良いなぁなんて思っていたが、現状とても買える代物では無いのでSEIKOのSBDC0033を買った

それが左のダイバーウォッチになるのだが200m防水で自動巻きのムーブメントは6R15と言う銘機なんだが4時位置リューズの筐体でベルトはタイコノートのエンドミルタイプに交換済みでずっしりと高級感は増している。

ただ、このコピーサブマリーナ、ステンレスベルトの価格にも満たない安物なんだが、定価6万円のSBDC0033の方がよっぽど質感が良いのは言うまでもないだろう。

ステンレスベルトはSEIKOの純正の安っぽいベルトと同じかそれ以下のレベルで見た目こそROLEXっぽい感じではあるが軽いしペラペラだ。

そしてBEZELはガタガタで話にならないし、カレンダーはちょっとずれてるし、拡大境も全然拡大してなくて見た目だけ。

一往デイトジャスト機能で0時にピタッと変わるかと思いきや11時40分頃に変わってしまうが、一往ずるずる変わるのではなくピシャッと変わるのはちょっと感心。

このムーブメントはETA2836らしいのだが開けてないのでなんとも言えないが一往自動巻きではあるが、どうも進みが早い様で6時に合わせた時間は5時間で1分ほど早くなっていた。

遊びで付けてみようと思ったけど、質感が本物と全然違ってやっぱり安っぽくて、本物巻いてた感触とは全く話にならないほど程遠い感じだ。

やっぱり、今の俺にはSEIKOのSBDC0033が丁度良いと改めて思い知らされた。

ROLEX欲しいけどまだまだ先の話だが、コピーサブマリーナ見たおかげで、ちょっとモチベーション上がって本気でROLEXをまた欲しくなってしまった。

それにしても、見た目だけは良くできていてサブマリーナを注文したわけではないのだが、それは見てすぐにコピー品とわかるからで、カレンダーの数字を見たり拡大境をみればすぐにわかるし触ればもっとわかるので買う事はないのだが、デイトジャストならどうかなぁと折角デイトジャストを注文したのになぁ

で、ここからが色々と掛け合いの時間に入るのだが、一往この業者、クレームに関しては回答してくるし、物も送ってくるのでマシな業者なのはわかるが、それには何度もメール入れるのではなく、あえて注文メールをすると良い。

勿論金は払わなくて良いので、注文だけするのだ。

すると、ちゃんと回答してくれたりとにかく金を入金して欲しいが為に色々と対応してくれるので、それを上手く利用して話を進めると良い。

間違っても、詐欺だの警察にだのと正論で攻めては駄目で、ここは大人の交渉術の見せ所だと思うのだ。

上手いこと行くと、タダで手に入れる事も出来るのでチャレンジ有るのみ。

ちなみに、コピー品を買うのは違法では無く、業として販売したりすると商標権云々1000万円以下の罰金と3年以下の懲役だったか5年だったか、またはその両方と言う罪に問われるが、買って個人使用では罪にはならないのでご安心を。(自分が情け無だけだけど)

なので、今回はN品と謳っているコピーレベルを興味で知りたかったと言うのとネットで注文して果たして通関通るのかとか色々と確認して見たかったのだ。

一往こんな感じで物は届くわけだ。

EMSで中国から日本に届く品物は9割ほど川崎東郵便局にまずは届くらしく、そこから全国の最寄り郵便局に配送される様だ。

中国から9/6に発送して9/11に届くので約5日、台風15号の影響も有ったと思うが5日程で届くと言うのは比較的早いのではないかと思う。

AMAZONで中国業者から買うと20日くらい掛かっているのにそれを考えると相当早い。

コピー屋なのに、この辺は生真面目なんだろうか。

まぁ金だけ搾取して物を送ってこない業者も多いと言う事なので試す場合は自己責任と言う事になるが、実際に手元に届いたN品を見る限り、試す価値は無い。