Android版 ATOKが手書き使えた

AndroidのATOKに手書きが搭載されたの全く知らんかった!

元々AndroidのATOKには手書き機能が無かったので致し方無しにMazec3で快適手書きスマホを実現したわけだが、こないだMacのATOKがいつまで経ってもアップデートしないので問いあわせたら、Passport版で継続していると知り、ATOK2017 for Macを卒業してATOK for Mac Passport版に切り替えたのだ。

Passport版に切り替えると言う事はAndroid版もiPhone版も使えるので一往、Androidに入れて見たら手書き入力機能を発見したと言う訳だ。

手書きに特化しているMazec3からするとATOKの手書きは子供だまし的な感じで使い勝手は非常に悪いが、認識は良いので、癖をつかんで慣れるしかない。

ATOKが手書きの変換に関係してくれると言うのはスゴく俺にとってはありがたい話で、これで、パソコンもスマホも全部ATOKで纏めることが出来た。

しかし、ATOKの手書きはMazec3の使い勝手には劣る物の、入力ツールとしての役割は素晴らしく、数字の制御がかかったコントロールにフォーカスが行くと、テンキーになって超便利。

それと、QuentyキーでATOKの場合は上部の数値部分でシフトキーを押すと記号に変わってくれるので通常のキーボードの入力通できるのだが、Mazec3のキーボードはシフトを押しても数字のままと言う事に気づかなかった。

おかげで、パスワードに設定した入力パターンが何回やっても失敗するのでなんでだろうと思ったらあシフトを押しても数字のままだったことが判明した。

そう言う意味ではちゃんとソフトウェアキーボードとしての機能、手書き機能、変換効率から総合的にATOK最強になったと思われる。

まぁMazec3の使用歴長いんだが、これ、1つだけバグがあって押したキーがポップアップするのはMazecもATOKも同じなんだが、特定の入力をすると初回がポップアップしないバグが有る。

これ、いつまで経っても治らないのでちょっとストレスだったがATOKに切り替えたらそう言うストレスは解消された。

後は、手書きのやりにくさをテクニックで克服していくしかないな。