嫁の誕生日プレゼントに

ちょっとしたプレゼントに俺はAYANOKOUJIのがま口屋に連れて行く。

今回、誕生日だったので誕生日プレゼントに店に連れて行き好きなのを選ばせるだけなんだが、このがま口バックは一番高くても3万円以内でビトンに連れて行ったら3万円でも好きなバックを買えないと思うが、ここならなんとかなる。

今回はリュックが欲しかったらしくこの大玉がま口リュック2万円をチョイス

がま口と言う単なる口金屋がAYANOKOUJIと言うブランドとしてカバンを販売するようになって久しいが、いつもポケットに小銭を裸で入れていたので、それを昔ながらのがま口の小銭入れに入れておこうと思って、たまたま帰り道にあったAYANOKOUJIと言うこじんまりとしたがま口屋に入ったのが切っ掛けだ。

当時はがま口屋がブランドショップ化したとかそんな事は一切知らずに単にがま口が一杯ある店だなぁとしか思って無くて、そこで唐草模様の小銭入れを買った

それから、大阪で仕事をしているとがま口好きの人がいて、小銭を出す時俺のがま口を見て、「それ何処のがま口」と聞かれ、帰り道にあるがま口専門店で買った事を言うと、そのがま口のタグをみてAYANOKOUJIと言うブランドだと言う事を始めて知った。

それで、ちょっと興味を持って今はがま口のショルダーバックを休みの日には肩にかけて出かけるようになっている。

結構、ポケットに何でもかんでも入れていて、財布なんかも落とすので、丁度良いサイズでスマホと財布が入れば良いサイズのがま口バックを使っている。

俺が子どもの頃やっていたハクション大魔王が下げているがま口が唐草模様のがま口で、これを思い出して下げている。

正におれにとってはこのイメージなんだが、ハクション大魔王2020だとがま口じゃなくなっているのか?

がま口の設定は変わってないのだが模様が無くなっているきがする。

なので、ハクション大魔王と言っても今はピンとこないのかなぁ...

まぁそれはともかく、価格の割には丁度良い感じのラインナップで、家から近いと言うのもあるし、中国人なので純日本産と言うイメージもあるので重宝する。

とはいえ、俺の使っているビジネスリュックは8千円位なので、倍以上するのは贅沢なリュックだなぁ...