Linux Mint 試してみた

まぁ次から次へとLinuxの派生ディストリビューションは出てくるもので、Ubuntuがもう最終形かと思いきや、Linux Mintなるものが、デスクトップ版としては、もはや人気ナンバーワンとなっている様だ。

Ubuntuの使いにくさなどを解消したとの事で、どんなものかVMで試してみたのだが、これはこれで、一通り眺めてみないと、最初、画面の解像度を変更するオプションすら見つけるのに苦労した。

慣れるまで、今までのOSとは全然概念が違うようで、コントロールパネルに全部まとめていると言うよりは、機能ごとに点在していてまとまりがなくて、機能を探すのがやっかいだ。

最近のOSはタッチパネルを意識してシングルクリックで物事を進めようとしているのだが、タッチパネルとかタブレットの必要性を感じない俺にはダブルクリックで十分だ。

大体、タブレットなんか使っていると、いーーーーとなってフリスビーみたいにどっかに投げつけたくなってしまうので、ノートパソコンで十分だ。

キーボードがないとSSHとかつないだときに、コマンド打つのが面倒でしょうがない。

スクリーンキーボードだと画面が狭くなるし、手書きも面倒で、物理キーボードがやっぱりいいね。

で、このLinux Mintだが、確かに快適に動作するので、mint感を養えば、いろいろと使いやすいかもしれないし、Ubuntuは最近いろいろとチャレンジしていて、Chromeすらまともにインストールできないとか、ちょっと面倒になってきたので、mintはそのまま普通にインストールできたのはポイントが高い。