一太郎2018の予約が始まっていた。

今回のスーパープレミアムは不要なソフトが多すぎて却下!

買うならプレミアムがよくて、前から使っていた広辞苑第五版、第六版とアップデートして、プレミアムには第七版が10年ぶりにアップデートしたのが付いてくるので、電子辞書を買うつもりでアップデートしてみっかな。

ATOK使っていて電子辞書使わない人は宝の持ち腐れと言っても過言では無いくらい、重宝す

る。

広辞苑があると、かなり調べ物が楽ちんで、広辞苑、大辞泉、新明解国語辞典、岩波国語辞典、明鏡ことわざ成句使い方辞典、大修館四字熟語辞典などなど、同じ言葉でも辞書によって微妙に解説が違っていてるのだが、分厚い辞典だとそんな比較はやりにくいが、電子辞書ならそれが簡単に出来るので超便利

他にも、医療辞典とかも入れてるにもかかわらず、変換が遅いと思ったこともなく、重くも無く良くできていると思う。

それよりも、変換効率が良すぎて、今さらMS-IMEに戻れない。

唯一、ATOKに立ち向かえるとするならGoogle日本語入力で、これは無料なのに、素晴らしい変換効率で、なんでMS-IMEって進化しないんだろうなぁ...ことえりも。