賢いヤツほど馬鹿な判断をする

世の中じっくり観察していると1つの結論にたどり着く。

賢いヤツほど判断に失敗していると言う事だ。

賢いヤツと言うのは日本の政府やオリンピック委員会とか大学出てそこそこ賢くないと近づけやしないわけで、中卒の俺なんか手も届きやしない。

単純にオリンピックは延期、2年くらい延期すればいいので何も悩むことは無い。

これが、アホな中卒の率直な判断で、他の事はどうでも良いわけで、コロナが大変だから延期すれば、池江絵里子がまた東京オリンピック目指せてラッキー!

だってしょうがねぇじゃん

と判断するわけだが、これが賢いと、大人の事情がどうのこうのと現場判断よりも大人の事情を重要視する。

日本の政府が一番馬鹿だと思うのは、財布の中身が44兆円なのに、100兆円の予算を平気で組むと言う事だ。

俺なんか財布に4千円しか無ければ王将でセットメニュー食っておつりもらうけど、そんな時でも政府の場合、常に高級食材を食べ続けようとする。

ありえねぇ...賢いヤツほど大人の事情と言う呪縛に填まるわけだ。

賢いヤツが賢い振る舞いをすれば世の中丸く納まるのになぁ...