ATOK Passportで変換ストレス解消

ATOKは開発初期の時代から使っていて、当時はWXGとか言うIMEなんかもあったが、ワープロ文化の日本人にとって、Wordを使う事がどうにも当時から好きじゃ無くて、Wordは未だに出来るだけ使わない。

Windows10のアップデートの際に、どうしてもMicrosoftはMS-IMEを使わせ体らしく、削除していてもいつの間にか大型アップデートなんかの時に復活している。

しかし、ややこしい復活をしていて、言語設定のキーボードから削除すれば良いのだが、その状態でアップデートを走らせると変換様の言語設定にMS-IMEを突っ込んでくるので、いつの間にか入力時にMS-IMEに切り替わっている事があって、変換した際に「あれっ?」となったときはいつもMS-IMEがゾンビの如く復活している。

しかし、言語設定のキーボードは削除されたままなので、変換エンジンだけのこって削除出来ない様にしている。

これを削除するのは、言語設定のキーボードで一旦MS-IMEを使える様に戻して再び削除すると変換エンジン側も削除出来る。

ちょっと面倒だが一回だけの事なのでIMEは切り替えて使う事は無いのになんでIMEを変更する機能なんかあるのか不思議だ。

MS-IME有っても良いけど、削除したんだから復活しないで欲しいものだ。