進化したゴルフゲームに填まる

この2本のゴルフゲームはシーズンもので、アップデートと言うよりも、日本語に対応した程度の感覚だ。

既に、2019でほぼゲームシステムは完成されていて、何の問題も無いレベル

但し、2019は英語なのでオプションの設定等を英語を翻訳したり読んでなんとなく、恐らく、やってみてと言ったトライアンドエラー方式でベストな設定にもっていったが、2K21はちゃんと解って設定出来るので、その程度のものだ。

買った切っ掛けは2019がセールで1000円程で買えたと言う事があって、2019に填まってかなりやりこんだ。

その後、2K21を見ると8千円もするので2019でいいやと言う事でしばらくやっていたのだが、これもセールで半額になって4000円程度になったときに買って見た。

2K21をやると日本語で解釈出来るのだが、システムは2019と同じで特に変わった気はしなかったが、クラブセットや衣類関係が実際の製品が使われているのでスポンサーが付いたのが明確に解って種類も増えたのでそれはそれで良かったが、2019は色が自在に変えられるのでそんなにメリットを感じない。

2K21は色が変えられないので欲しい色を買わないとそろえられないし、シャフトもそれぞれ色別で買う事になるのが結構面倒かも。

2019はどれでもほぼ好きな色に加工出来るのでその方が良いな。

ただ、ゲーム性は同じなので、設定をそろえる事で2019をやっていても2K21の様にスピーディーに展開出来るし、2K21も折角UIを増やしてボールの軌跡が見やすくなったり、ドロー、フェードなんかもわかり易く表示してくれるがそう言う機能は全部オフにして2019に寄せている。

コースもかぶっているコースがあったりと2019でも2K21でもどちらでも楽しめるのが非常に好感がもてる。

1つだけ、2019が残念なのは1つのホールが終わった後、メインのランキングボードしか表示出来ない点で、今のホールが○か□かが解らないのとパーがいくつだったのかが直ぐに目で見えないのが駄目な点だ。

今が○とか□とか直ぐにわかると次頑張ろうとか次はショートホールか、ロングホールかとかも見て取れるのだが、2019はその点が実際にプレイとかけ離れている点でリアル性にかける。

ここが2K21と同じシステムになるとある意味2019でも十分楽しめるほど完成度が高く、日本語で設定出来るか英語を読み解いて設定するかの違いだけだ。

強いて言うと、キーアサインが違っていて、落下地点のターゲットの移動がキーボードのQかスペースか、クラブの変更がQEかZXかとかちょっと違っていてこの辺は慣れが必要だが、まぁ普通はどちらかに寄るだろうから気にならないか。

俺みたいにどっちもやっていると気になるが、どちらかと言うと2019の方が簡単かもしれない。

とはいえ、どちらも景色は綺麗だし、何が変わったかと言うと、PLAYERの余計なアクションが増えたのとギャラリーの質は良くなった。

コース上のグラフィックはどちらをプレイしても綺麗で文句なし。

英語がわかるのであれば安い1000円の2019でも十分だし、日本語でやりたい場合は2K21と選択枝は無い。

プレイ内容はほぼ同じなので比較のために2019のプレイ動画と2K21のプレイ動画を参考までに上げて見た。

PGA TOUR 2019 プレイ動画

どちらのノーマル設定なのに2K21の方が若干グリーンが難しいと思うが、これも慣れなんだよなぁ...

PGA TOUR 2K21 プレイ動画

基本的にアプローチでのチップイン狙いの方が成績は良くなるのでグリーンにのせるとするとベタピンじゃないと中々優勝出来ない。