自動バックアップはNovaBackupが良いな

自動バックアップツールは過去に色々と試してみたんだが高級なツールから安いツール、無料のツール色々と試してNovaBackupに行き着いた。

これも当初、エラーや警告があって取りあえず目的は達成するので時間があるときじっくりと対応しようと思って、今日警告もエラーもさせずに正常に処理が終了するように設定したらスッキリした。

面倒なのは秀丸メールのバックアップで、サブのメールクライアントにShurikenを使っているのだが、このメールクライアントは、これ自体にバックアップ機能があるのでそれを使えば良いのだが、秀丸メールには流石に自動バックアップ機能はない。

そこで、このNovaBackupツールを使ってバックアップするのだが、秀丸メール自体が起動しているとバックアップに失敗する。

まぁ当然、ファイルを開いているからなんだが、そうなると自動バックアップする前提としては、その間秀丸を終了しておく必要がある。

バックアップ自体の時間はあっと言う間に終わるので1分あるかないかで終わるので、バックアップに設定した時間の3分前に秀丸を終了して5分後に再起動する様にバッチファイルをタスクスケジューラーで実行してこれは難なく完了して、目的は達成した。

しかし、秀丸メールをバッチを使ってプロセスを止めるまでは良いのだが、起動するときにうまく常駐させられない。

起動はするのだが、タスクトレイに常駐アイコン無しの状態で常駐してしまうので、受信したメールを確認出来ないのだ。

この状態で普通に秀丸を起動しても二重起動してしまいうまくいかない。

ここはまだ解決してないのだが取りあえずSystemExplorerでプロセスの再起動を選択するとメールを確認出来る様になるのでまずはなんとかなった。

後は、バッチで起動させた時にちゃんと常駐する様になってくれればそれでいいのだがどうしたものか...