歳とると虫眼鏡って結構使うなぁ

前々からハズキルーペが気になって時々待ちで見かけると試して見たりするのだが、あれはなんだか高い

1万円する虫眼鏡ってちょっと手が出ないなぁと思っていたので手にする物の買う迄の動機になかなか至らなかった。

何故って、今使っている虫眼鏡はLED付きで1000円もしないわけで虫眼鏡ってそんなもんだろうと思う。

そこで各社色々な眼鏡タイプのルーペを出していて安いものがかなり出回ってきている。

その中で毎日見る朝の番組で博士ルーペなるものをCMでながすので耳に焼き付いてしまった。

調べて見るとなかなか使えそうなので注文してみることにした。

ネットで探すと直ぐに出てきたのだが値段がちがう。

ネットだと4千円もするのだがテレビだと2千円切っていたはずなので、ガラポンを巻き戻して番号を確認してみるとテレビで表示しているフリーダイヤルとネットのフリーダイヤルは番号変えてんだな。

テレビだと1995円なので、ここに電話して注文した方が安く買えるというわけだ。

IT屋やっていると虫眼鏡結構使うシーンが多くて、部品にかいてあるシリアル番号とか分解したときについている部品の品番とかはまず小さくて読めない。

そんなときに役立つのが虫眼鏡で、机の上には必ず置いてあるのだがそれ以外でも爪を切るときなんかに眼鏡でも用事足りなくて虫眼鏡だと片手使えなくなるのでテーブルにクランプ固定の虫眼鏡を使う程だ。

それに、楽譜をパソコンに打ち込む際に、コピーの品質がわるいと音符が良く見えない時があってそういうときにも結構使う。

更に、パソコンの画面に表示された文字も近々両用眼鏡していても見づらいときに結構使う。

近々両用眼鏡を掛けているとパソコンの画面に焦点を合わせているのでものすごくくっきりするので重宝しているのだが、それでも更に小さい文字があると微妙で8なのか0なのか6なのかで結局3だったなんて事もあって数字は明確に認識しないとプログラム上でも瑕疵に繋がるのでチェックする際には良く確認する。

と言う事で虫眼鏡の重要性を肌で感じているのでとうとう注文したと言う訳だ。

いやぁ虫眼鏡って子供の頃は蟻に太陽の焦点を当てて焼くなんて言う残酷な遊びをやっていたのになぁ