本当にあった謎な出来事

Amazonで見つけたお気に入りの布マスクなんだが、仕事用にこのマスクだとFormalなシーンでも特に支障は無いので重宝しているし、布マスクなのに鼻の部分にはアルミのプレートが挿入されていて、何より眼鏡をつけても曇らないかけ方が出来るマスクなのだ。

このマスクは他にネイビーとブラックの3色あって使い回して毎日洗濯しているのだが、乾すときにちゃんとしわ伸ばしして置かないと凄くシワになるので気をつけている。

シワになると言えば、洗濯機に無造作に放り込むだけなのでノーズフィットのアルミプレートが何でこんなに捻れるのと思うほど捻れてしまう。

で、ある日洗濯して干そうと思って「あれっ?」となってしまった。

と言うのもノーズフィットのアルミプレートが無いのだ!

なんでと思って洗濯機の中に落ちてないし、どこかの隙間に入ったのかとは思うのだがマスクをくまなく見ても抜け出す隙間はなく、縫い目もしっかりしていて糸もほつれてないし、抜ける場所が見当たらない。

虫眼鏡を使ってくまなく見ても隙間はなく、あえて抜こうと思っても無理!

勿論、洗濯機に入れるまではマスクをしていたのでノーズフィットがあるのは確認済み

そのままいつも通り洗濯機をまわして脱水を待って干しただけ。

このプロセスの流れで仮に抜けたとすれば洗濯中しか無いが洗濯機の中には落ちてない

そして、マスク自体にもダメージは無く糸のほつれも無く抜きようが無いにもかかわらず無い。

手前のマスクはノーズフィットが入っているのが解る様に曲げてあるのだが下のマスクは全くの布だけのマスク状態

何度も見直しているのだが抜く好きまは皆無でどこから抜けるのか、ましてや無造作に放り込んだだけで抜けるなんて事があるのかと思うほど常識を逸脱していて一体洗濯機の中で何が起こったのかさっぱり!

長いこと生きているけどこんな不思議な事を経験したのは初めてだ。

本当にあった謎な出来事でした。