路上喫煙禁止について一言

京都市も路上喫煙禁止区間と言う物があって、その区間内での「燃焼タバコ」の喫煙は禁止されている。

守らなかった場合は罰金千円が徴収されるのはご存知かと思う。

これはあくまでも「燃焼式タバコ」の規制であってiQOSやglowなどの電子煙草、加熱式タバコを規制するものでは無いと言う事だ。

この条例は非常に合理的で、加熱式タバコは火を使わないので、吸い殻は基本的にゴミ箱に捨てる。

灰皿は必要無くて普通に燃えるゴミで良いので「燃焼式タバコ」とは扱いが全く異なると言う事を知っておいた方が良い。

よって、マナーが悪いとは思うが例えば、例えばだぞ。

例えば、iQOSを吸いながら歩くのは条例では規制されてないと言う事なので嫌煙家の皆さんご注意を。

とはいえ、基本的に電子煙草派は結構マナーを守る人が多く、マナーの事を把握してあえて電子煙草に切り替えたわけでもあって、そのへんの咥えタバコをいまだに続けているのは殆ど燃焼式タバコの連中だ。

こう言う奴らのせいで、加熱式タバコまで規制されたらたまったものではない。

何れにしても「加熱式タバコ」は特に規制は無いので「燃焼式タバコ」と同じ扱いはゴメンだ。

しかし、俺は外で吸うのは辞めた。

わざわざ喫煙所探すのアホらしいし、時間の無駄だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました