スマートウォッチH2は使えない

PayPayに加入した際に2千円のクーポンがあったのでこの時計を2150円で買ってみた。

どうせおもちゃだと思ったのでまともに買うのは気が引けたので丁度試すのには良い機会だった。

この時計は体温、血圧、脈拍、血中酸素濃度、歩数と4種類のバイタルに加え睡眠時間の計測と言うのも良いかもと思ったわけだ。

でしばらく使って継続を続けてみたのだが全くのデタラメで目安にもならないおもちゃと判明した。

まず、体温はいつ測っても36.3度でこれは充電中も同じ値でちゃんと計測しておらず、あえて厚い状態、冷たい状態を作ってもきっちり36.3度をキープしている。

問題は血圧測定で、これも132の83とほぼ同じ数値しか計測出来ていなくて、上腕式血圧計と比較しながらしばらく使っていたのだが、血流を緑色のLEDを使って計測する方式と上腕方式で当然数値は違うだろうとは認識しているのだが、余りにも変わらない一定の数値でせめて腕から外せば計測出来ないなりのエラーがでるものと思っていたら、充電中でも同じ数値で表示した。

これで、もうこの時計ははめる事が無くなったのだが、睡眠時間は寝入りの時間、起きた時間とある程度は参考になった物の、腕にするのが邪魔で結局眠りの障害になるのがこの時計で本末転倒だったのでやめた。

血中酸素濃度なんてとにかくデタラメで、ランダムで97~99の数値を表示しているのではないかと疑っている。

運動中、運動後もほぼ97とか98を表示するが、これは比較するパルスオキシメーターを持ってなかったから評価のしようがなかったが、この度、オムロンのHPO-300Tと言うパルスオキシメーターを買ってバイタル関係の数値をほぼオムロンConnect1本で纏められるようにしたのだが、その数値と比較してもとにかく時計の数値はバラ付かない安定した数値しか表示しないのだ。

当然、パルスオキシメーターの計測値は俺の場合は94~98で都度変化していて喫煙者だからかもしれないが、99を表示したことはまだ一度も無くて、最高は98でほぼ96当たりを示している。

どちらかと言うと、オムロンのHPO-300Tを信用するわけだが、これは計測方法としても似たようなもので、パルスオキシメーターは指先を洗濯挟みの様な機構の機械で挟んで赤色のLEDでヘモグロビンの色を計測する様なのだが、時計の方は緑色LEDのままで計測するのだが、挟み込むのでは無く一方通行で反射信号を受けとると言う行動なしくみなんだろうと思うが正しいセンサーが使われているのかも疑いを持っている。

とにかく、まともに買う時計では無いおもちゃで、俺の場合2千円程度の被害で済んだけど、これをまともに使えると思って使っている人には悪いけど、検証すると話にもならない目安にもならないものだと思える。

使えるのは時計の機能で、アラームは結構便利で腕にはめているとバイブが直接振動してくれるので昼の時間と定時の時間をセットして時間に気づかせてくれる機能は重宝していた。

元々、歩数計の機能を重要視していたのでせめて歩数はとも思っていたのだが、これも比較対象がなくそのままを確認するしか無かったし、スマホの歩数計は事務所にいるときはスマホを持ち歩かないので歩数のしっかりした比較にはならず、基本的にスマホは少なく、時計はリアルな歩数と認識するしかなかった。

ここに、オムロンのHJA-405Tと言う活動量計と言う物を導入して比較すると結構差が出たので少ない分には良いかなぁとは思ったが、自宅と会社の往復で800歩ほど差がつくのだ。

時計で計測出来る機器を全部オムロンの機器で検証した結果、これは使えないおもちゃと判断出来た。

やはり、こんな4千円程度でバイタルが計測出来るはずも無く、これをあてにして買ってしまう人に対して警告の意味でこの記事を書くことにした。

このスマートウォッチH2がデタラメだと言う事を検証する為に使ったオムロン製品一式はこれで、婦人体温計を持ってないだけで、オムロンConnectに全部繋がる機器はこれがすべてだ。

血圧計と体重体組成計以外は選択枝の余地はなく、パルスオキシメーター、体温計、活動量計は一択なんだがこれでフル機能、フル計測が出来る様になる。

一応、別にこのスマートウォッチが詐欺だと言う事を検証する意味では無く、カジュアルにスマートウォッチとしての役割を果たしてくれるのであればそれで良かったのだが、目安にもならないとなるとこけ落とすしかない。

目安として期待していたのは、これらオムロン製品での計測値での計測値のバラツキ感がスマートウォッチではどうなるのかと言う事で比較観察していたのだ。

体温が高いときのオムロンの体温計とスマートウォッチの表示とか血圧が高いとき、午前中、午後の計測値のバラツキ、パルスオキシメーターで表示された数値のバラツキとスマートウォッチでの計測値等など腕にはめながらリアルに比較出来るのでせめてオムロンの機器での示す値が高くなれば、スマートウォッチH2も上がり、下がれば下がる傾向が見て取れればそれなりに使えるのではと思っていただけに残念でならない。

実測と言っても良いと思うがオムロン機器での実測値とスマートウォッチH2での実測値はそれはそれはスマートウォッチH2での実測値は超安定していて毎回ほぼ同じ値になる安心感は何物にも代えがたい詐欺商品確定と言う事と同義では無いかと思うのだ。

俺も体外辛口でしか記事を書かないが、それはちゃんと根拠があっての事で、いちいちエビデンス的な物を用意するつもりは無いが、実測で確認出来るのでそのての数値は直ぐに出す事ができるのは言うまでも無い。

これが、懐疑主義のなすところで、すべての物事は一旦受け入れるが確実に自分の目で検証しないと気が済まない性分なので、確定してしまうと二度とその商品を買うこともおすすめすることも無くとにかく、支払った料金分はこけ落とす事になるだろう。

今回のH2での被害額は2150円なのでこの記事一個で終わりだな。

あースッキリした。