難しい本はいい、この本を読め

この本が日本を救う本当の事が書いてある本だ。

MMTとかそういう理論は置いておいて、そういう正しい、事実に基づいた内容をものすごく判り易く解説している。

あの田原総一郎さんが納得した内容になっている。

本の中で、最初は田原さんも否定的な見方だったが、事実の説明を藤井聡教授に丁寧に説明されて後半は納得して書いてある内容を推薦するまでにいたる物語が書かれている。

田原さんといえば、世の総理大臣に対等に意見を言える人物で尊敬出来るし朝まで生テレビの仕切りっぷりは見事な物だと思っていつも見ている。

しかも、大事なのは意見に偏らず常に中立の立場で物を判断するので右とか左とかではなく常に中立な仕切りをやっているのがお見事だ。

その田原さんが藤井教授の話に全面納得したのは事実で否定出来ない内容だからだ。

何故、これだけ事実を並べているのに政府は動かないのだろうか。

竹中平蔵みたいな癌を政府の中枢にご意見番として入れた小泉の罪は大きいだろう。

新自由主義は株主資本主義で株の配当ファーストで株主の利益を優先する最悪な金持ち優遇政策ってしっているのだろうか。

当然、竹中とか株を沢山もっているわけで、株価が上がり配当が多くなって儲かる連中だ。

だから新自由主義が廃止されると金が入ってこなくなるので困るからかなり反対勢力に肩入れしているはずだ。

株の配当金を出す為に、従業員の給料が上がってない事実をもっと怒る必要があるのに、日本の国民性でそういうのは誰かがなんとかしてくれるだろうと言うわけで何もやって来なかったわけだ。

そして、財務省の無能さと言うかある意味有能なのかもしれないが、事実を見ても緊縮財政、PB黒字と言うのをかたくなに考え方を変えようとしない。

随分と変なやつが財務省にいるわけで、誰だっけ、財務事務次官の矢野だっけか。

こいつ、何がしたいのか堂々と選挙妨害しているわけで、憲法違反で逮捕すれば良い。

麻生に許可をもらって根回しまでやって、最後に個人の意見としてなんて保険をかけてあるわけで、だったら財務事務次官なんて肩書き書くなよと、書いた時点でアウトだろ。

自民党は好きでは無いが、野党に政権とらせて、実行に移すなんて余裕はない自体、ならば自民党に納得出来る動きをしてもらえばいいわけで、岸田さんに期待するのが得策だ。

本当は、高市さんに総理になって欲しかったのだが、まぁ方向性は合っていて2人とも新自由主義からの離脱をかかげているわけで、河野太郎にならなくて本当に良かった。

まぁとにかくこの本読んで見て。