安井金比羅宮

安井金比羅は今や、京都のパワースポットになっている様なのだが、その有名になった理由がこの穴の空いた岩でこちらからくぐると縁切りで反対からくぐると縁結びと言う御利益に預かれると言う事で、土日になると、行列が出来ている。

確かに、効果てきめんで、俺自身も近所なので人が並んでない時に何度か試したことがあるのだが、ご利益があったんだろうと言う事で納得している事案はいくつもある気がしている。

とはいえ、俺の場合近所の買い物に行く動線に安井金比羅宮の境内があるわけで、夜中でも普通に中も通り抜けることがあるのだが、ビックリするのは夜中にコンビニに行こうと境内を抜けた際に、この岩をくぐる人を良く見かける事だ。

24時間開放されていて、夜は電気も点いて明るいので支障は無いが、夜中に来てまでご利益に預かろうとしている人を見ると、よほど縋りたいと思う事があるんだろうなぁと思っている。

こないだ驚いたのは、買い物帰りにいつものように境内を通り抜ける際、この穴の中に猫が寝ていたのだ。

穴の中に何かゴミでもあるのかと思って見てみると、この穴の中にちょこんと猫がいて、俺が通りかかったらビクッと反応して、抜け出てしまい、写メに取り損ねてしまったが、猫も通り抜ける穴ぼこだった。

この近所には野良猫が多くて、俺のバイクもしょっちゅう被害にあっているわけで、近所の壁などに、猫に餌をやるなと張り紙もあるし、これ、京都府迷惑防止条例にも記載されているのだが、この辺りを根城にしている猫のグループがいなくならないのは、誰かが餌をやっているからなのだ。

まぁ、猫のおかげかどうかは解らないが、この辺り、カラスが寄りついてこないのは猫のおかげなんだろうと言う事で妥協しているが、猫も糞尿が臭くなければ居てもいいとは思うのだが、駐輪場にこもった猫の糞用の匂だけは中々慣れることは無い。