IPoE接続に変えるとガラポンがまともになった

ガラポンのおかげで今までのテレビスタイルが大きく変わってテレビを見なくても全番組録がなので見逃しなどはあり得ない状況になったわけだ。

なので、時間に縛られると言う事から開放される事は非常に快適な要素になる。

全番組録画ではあるが画質の悪いワンセグ画質なのでパリッとした画面ではないが見る分には十分妥協出来る。

しかし、色々と問題があって俺のは6号機だが、途中で番組が切れたりいきなり最初に戻ってしまったり不具合が色々発生する。

ほとんど放置しているので特に再起動とかもやってなくてメンテナンスをしたことがないのでたまぁに再起動とかやって安定化の様子を見ながら使っている。

それに、ローカルのネットワーク内にあるので基本的にはLANの問題だと思うのだがWEBへアクセスしていて動画の視聴の仕組みは良く解ってないがWEB経由でみている事になるのかもしれないが、スマホでも出先で全ての番組が視聴出来るのはとても便利だ。

スマホでどこでも番組を見ることは出来るがまぁほとんどスマホでは使わないがいつでもどこでもと言う余裕感は非常に精神衛生上ありがたい。

それに、嫁が日本語の勉強の為にテレビをみているので一番活用しているのは嫁かもしれない。

しかし、追っ掛け再生などで、今始まっている番組を30分遅れで最初から見るなどしている時、良く画面がグレーになってカーソルがくるくる回ってしばらくしてから落ちる状況になっていた。

なので、ちょっと不安定な要素はあるものの騙し騙し使う分には妥協していてこんな物だろうと思っていた。

所が、IPoE接続に切り替えた事で、一連の不具合が解消された様だ。

ローカルのHDDに録画データがあるわけだが、WEB配信と言う構造上、ネットが早いことが良い決まっている。

前から上りは比較的早いのだが、今は調子が良いと上り速度が1000mb/sもあってとの書く早い。

上りの速度はFTPの時にしかメリットは感じなかったのだが、よく考えるとガラポンもWEBサーバーなので上りの速度が上がっていた方がメリットは大きいわけだ。

と言うわけで、ようやくガラポンも意味をなしてきた感じがした。