ZORROとHINO

俺の愛機はこのZORROとHINOだ。

本来はHINO一本で良かったのだが、買った時はまだ時期尚早でヘビータイプをならせるほどの器量が無く、ZORROをサブ機として追加した。

今でもHINOはまだまだ吹きこなしているとは言えないが、それなりにならせる様にはなっていると言う位ヘビータイプはきつかった。

そこで、ライトウェイトとヘビーウェイトでどうしてこうまで吹奏感が違うのか、丁度この2本は設計がほぼ同じなのでピストンとかも共通なんだが、2本ともちょっとカスタマイズしていて、ZORROは通常一本支柱を2本支柱にしている。

HIONは解りにくいとは思うが、1番スライドにフィンガーリングを装着し、この辺のカスタマイズをする人はいるが、バッチもちゃんと付けているのがみそ

これは、一般工房ではなく、メーカーから取り寄せているのでメーカーのオプションレベルなので製造段階からこの形になっているのを装備しているので抜群の相性になっている。

まぁそれは置いておいて、今までYAMAHA好きだったのにQueenBrassを知ってからはQueenBrass一色に切り替えた。

何といってもZORROの支柱の美しさは惚れ惚れしてしまう。

無機質な工業製品のYAMAHAのトランペットとは少し趣が違う所が気に入っている。

YAMAHAのトランペットは決して悪いわけでは無いが、味気ない。

趣味で演奏しているので、その辺は拘りたいので切り替えたわけだ。

そして、ヘビーウェイトタイプとライトウェイトの違いだが、大きく違うと感じるのは、振動のしやすさで、ヘビーウェイトのトランペットはそれなりにパワーが必要でならすにはコツも必要になってくる。

ライトウェイトはとにかく息を入れればなってくれると言う感じ

それ故、音の反応の良さと言う点では、どちらも反応は良いのだが、より軽い息でもそれなりになってくれるのがライトウェイトだと感じる。

ヘビーウェイトの場合は同じ息でもなるのだが、思った音色にならないのでもう一つ強めの息を入れてならす切っ掛けを作って押し込むイメージだ。

なり始めるとヘビーウェイトもライトウェイトもそう変わらないのだが、フレーズの切れ目から次のフレーズに入るとき毎回同じ感じでヘビーウェイトの方はパワーがいるので長時間演奏していると力尽きて音が出せなくなってしまうのだ。

なので、ライトウェイトを間にいれて休憩をする事になる。

音色もZORROは悪く無いし易っぽい音など一切出さないので全く問題ない。

これは、奏者の器量とマウスピースによる物でどうにでもなるのでよりカップの深いマウスピースで演奏する事でいくらでもカバー出来る。

しかし、ハイトーン用にと浅いカップ過ぎるとそれ自体で音色が軽くなってしまうので、BestBrassのマウスピースを使っていると言うわけだ。

BestBrassのマウスピースでカップの浅い7Eを使っているが、YAMAHAのマウスピースで6A4aとか使っていると低音域はどうにもならないが、BestBrassのマウスピースは不思議な事に低音も慣れると出せる様になるから不思議だ。

基本は7Cで普段は7Xを使っているのだが、この3本、全部リム形状と内径が同じでカップの深さが違うだけなので差し替えてもアンブシュアが変わらず違和感無く切り替える事が出来る。

このマウスピースの仕様が特に重要で、以前はYAMAHAのマウスピースでカップの違いを試していたのだが、これが全部内径が違うので同じ番手でそろえても音が出せなくなってしまう。

内径の微妙な違いでアンブシュアが変わるのでマウスピースを変えるのは良くないと言う風に言われているのだが、その根拠を追求していくとそこにたどり着く

なので、リム形状から内径まで全く同じであれば問題無いと言うわけだ。

それとBestBrassが優れているのはカップの深さに合わせてマウスピース自体の長さも違う為、演奏途中で切り替えてもチューニングがずれることが無く同じピッチで演奏出来ると言うのが特質出来る点でもある。

なので、曲を見てマウスピースを変えて演奏に支障無いようにしていると言う訳だ。

と言うのも、今所属している楽団はトランペットが俺1人なので、最後までトランペットパートを吹く必要があるし、1stだけでは無く、2nd、3rdの画幅も見ながらユニゾン意外のパート毎に独立して演奏する部分も吹いているので休みがないのだ。

そうなるとより一層スタミナも必要になっていて、HINOだけだととても辛く、後半はヘロヘロになるのでZORROの助けがいると言う訳だ。

まぁ理想は最後までHINOだけでいければ良いのだが気分的に楽器を持ち換えるのも俺の趣向にあっているし折角買ったので使わない手はない。

何れにしても、ライトウェイトはならしやすいがカップの深いマウスピースを使う事で音の軽さをカバー出来るのでマウスピースとラッパ本体の相性はかなり需要だと感じる。

その点、QueenBrassとBestBrassは会社の名前もBrass繋がりで相性も良い。