気が向いた時のキーボードの掃除

気が向いた時だけキーボードの掃除をする

いつもはキーボードの上から除菌シートで隙間に耳かきを突っ込みながら掃除するのがマストの掃除なんだが、気が向いた時だけ分解して掃除する。

と言うのも最近、押した時に違和感があって、一回しか押してないのにチャタリングみたいに二度押ししていたり、勝手にRepeatする事もあった。

普段は取り立てて余分に押された文字は消せば良いのだが、ゲームをしているとそういうわけにはいかず、微妙な操作で失敗操作したりするので多少は気になってきたと言うわけだ。

そこで、キーを外すのだが、ENTERとかSHIFTとかの長めのキーは差し込むのが結構面倒なのでそれ以外の単純にはめ込むキーだけを全部外して中の埃を綺麗に拭い去り組み直すだけ

普段から結構キーボードには気を使っていてそんなに汚れてないと思ったのだが分解すると届かない部分の埃は固まっている。

こういうのが微妙なタッチを妨げる要因で何度もカレーヌードルを食わしたキーボードだし、たまにはコーヒーまで振る舞っていたので埃がくっついて固まってしまっている。

普通のキーボードならカレーヌードル食わしただけで諦めるとことだが、メカニカルキーボードなら洗えば済む。

確か1万3千円程だしたFILCOのMajestouch2なのでBluetoothとUSB接続の出来るキーボードで電池式ではあるが、かなり長持ち設計でBluetoothも4チャンネルあって、スマホ、PC1~3と4台のデバイス用のキーボードとして使う事も出来る優れものキーボードなので易々と買い換えると言うわけにも行かず大事につかっている。

掃除した後この記事を書いているが、かなり快適なタッチで入力出来ている。

経年使っていたときのわずかな違和感も無く、新品同様の押し心地で、静音リングも装着しているので入力は快適この上ない。

会社ではオウルテックの少し安い8千円でおつりが来るメカニカルキーボードを使っているが、やはりタッチはFILCOの赤軸の方が好きだな。

同じCheryMXの赤軸なんだがキーキャップのプラスチックの作りでわずかなタッチの差があるんだろう。

もはやメンブレンキーボードは使いたく無いのでどのPCに買い換えてもキーボードはメカニカルキーボードにしてしまう。

そのメリットは、先にも述べたが多少のトラブルは掃除すれば解決すると言うもので、これがメンブレンキーボードみたいな使い捨てキーボードとは大きく違う。

取引先の事務の子に入力をなにかにとりつかれたみたいに黙々と入力する子がいて、入力が間に合わないといつもクレームを俺に言ってくる。

その際はキーボードの設定でRepeatの設定やら反応を機敏にする設定を教えて自分で調整してもらっても文句が収まらない。

まぁそんなの俺に言われたところでとは思った物の、試しにメカニカルキーボードをプレゼントした。

金額にして7千円程度なので、他の仕事をもらった際の請求に上乗せすれば良いので気にせずプレゼントしたところ、ようやく文句が収まった。

やはりメンブレンキーボードからメカニカルキーボードに換えた途端、入力のしやすさを体感したらしく、益々激しく黙々と入力する様になっていた。

俺にとってはいちいち文句を言われなくなっただけの事なのだが、一般の事務員でメカニカルキーボードの存在自体を知らないだろうし、ましてやキーボード如きに1万円?とか言う価値観だろうが、その価値観が落とし穴で、たかが1万円だ。

洋服にかけるおカネより遙かに安いと思うが、何故かキーボードやマウスが余りにも安く出回っていて価値観がオマケ的になってしまっているのだろう。

マウスもロジクールのElgoと言うトラックボールを使っているがこれは気ボードより高くて1万4千円位したはずだが、ヨドバシポイントを使ったのでほぼ現金は払わずに入手した。

普通のマウスも同じで、これは一太郎のオマケに付いてきたロジクールのマウスでこれもBluetoothは3チャンネルあって非常に使い易いマウスだが、PCの操作感が劇的に変わる。

基本はトラックボールで親指タイプの方が扱い安い。

人差し指タイプは普通のマウスとの操作感が変わりすぎて慣れるまで使いにくいが慣れるとトラックボールの良さが解ってくる。

とは言ってもトラックボールの良さを体感するのはマルチモニターでPCを使っている環境で、俺はトリプルモニターで使っているのでその広大なデスクトップを普通のマウスで操作すると机のマウスエリアが必要になってくる。

しかし、トラックボールの場合はそのものを置くスペースがあれば良いだけだ。

なので、マルチモニター環境でも端から端までマウスを動かす事無く親指ですいすいポインタを移動出来る痛快な操作感を得ることが出来る。

何より、PGA TOUR 2K21が快適に操作出来るのも嬉しい限りだ。

いきなりのゲームの話だが、一往ゲームパッドでもやって見たけど、スティックを倒す操作とマウスのボールを回す操作で明らかに違いがあって、スティックの方が意外に簡単だった。

しかし、マウスの微妙な回し具合と言うのがあってスティックに無い操作感は結構決まるとアドレナリンが放出されるくらい小気味良い瞬間が味わえる。

勿論、ミスショットも多く途中で投げ出すラウンドもあるがゲームだから。

と言うわけで、パソコン操作する上で一番操作するデバイスのキーボードとマウスはかなり重要なデバイスなので掃除して大事に使おうというお話でした。