Sleepon SEフィンガーキャップ

これが純正のSleeponのフィンガーキャップで、計測は指先で実施するのが合理的なので最初からこの指先タイプを販売していればこれを注文したのにAmazonでは指輪タイプしか無く、それを注文した。

その後、色々自作して指先で計測した計測値と、指の付け根で計測した計測値の検証を実施して、指先で計測する方が安定する事が確認出来たので、最近は100円ショップで見つけた指サポーターにはめ込んで使っている。

ただ、これ結構キツくて爪側だと痛くなるし、指の腹側にセットしてもかなりキツくて、ゆるいけど確りとホールド出来る方法を模索している。

ただ、この指先キャップだけを注文出来る様だったので、最初PayPalで注文したんだが、京都には発送出来ませんと言うエラーが出て購入出来ず、メーカーに直接メールを入れたら、購入出来るサイトを案内してくれたので、そこからPayPalで注文したら購入する事が出来た。

価格は3千円するのだが、本体は6千円だったのでメーカーから直接購入するよりも安く買えることになる。

それも、メーカー純正なので恐らく委託無いだろうし、これが一番安定して計測出来ると思っている。

そして、8/17に注文したのがようやく9/9に到着する事が確認出来た。

延べ23日もかかるが、届くのであれば待った甲斐はあるだろう。

8/17に注文したのに、発送の手配をしたのが24日とそこで1週間かかっているので、単純に23日では無く16日で届くのでは無いかとも思えるわけだ。

そしてシンガポールから日本に到着して2日程度で届く様で、シンガポール経由は遅くなると思った。

別で、血糖値計の針と検査紙も注文しているが、これは日本の法律だと血糖値計の検査紙はネットで購入出来ない事になっているので、アメリカ直送で注文している。

糖尿病大国アメリカなのでこの辺はお手軽に購入出来ると言うわけで、注文したら、ここは大体1週間で届く。

どう考えてもアメリカの方が遙かに遠方で中国、深圳なんて飛行機で3時間もあれば到着するし、嫁の実家がある福建省に帰省する時も深圳経由の飛行機で行くので馴染がある土地なんだが、配送は遅い。

まぁ価格に送料$9.9かかると書いてあったが、その価格は込みで3千円で購入出来たので文句は無いが、ひたすら遅い。

まぁ海外購入はリスクもあるが、今のところ一度も購入した物が届かなかったという事は無いのでその点は心配してないのだが、今回はとにかく遅かったな。

なかなか確りした箱に入って来たので指に嵌めてみると一番小さいのでも良さそうだ。

中に入っている英語のマニュアルでは、薬指の腹側にセットする様な絵が描いてあるがここはあえて爪側にセットしてモニターしてみた。

今日は呼吸の調子が良いのSpO2が99まで計測できた。

深呼吸してゆったりしていると98とかにはなるのだが、なかなか99は出ないのだが、今日は調子良い感じだ。

オムロンのパルスオキシメーターだと未だに99は出ないのだが、Sleeponはこの辺敏感か誤差かまぁこの時のオムロン側の数値も98とかになっているので微妙な誤差かもしれない。

それでもずーっとモニターしていてもだいたい96~98の範囲内で計測するので、かなり安定して計測出来る様になったと思う。

それに、専用のキャップなのでとにかく自然で痛くも無く確り固定出来るのはありがたい。

これで、100円ショップの指サポーターは不要になった。

今日は指サポーターで固定していたんだが、指の腹側に付けていても朝起きると若干痺れた感じがあって、余り良い方法では無いなぁとは思った。

爪側からの計測は、指の腹側の脂肪とかそういうのが誤差にならず、安定して計測する血管を確保出来るのでかなり良いと思う。

指先にマニキュアをしていたりすると、問題があるので恐らく指の腹側と言う説明になっていると思われるので、ここは医療機器に習い、爪側計測が良いと思う。

今日は、どんなデータが計測出来るか楽しみだ。